« 緊急帰省します! | トップページ | 延々と続く真っ白な砂浜 »

2010年12月24日 (金)

親が子どもに残すことが出来る最大の財産!

昨日夕刻、大阪に帰ってきました。car

母の症状もわかり、母happy01も安心したようで、帰宅できました。house

原因は、植木budを持ったり、マットレスを2階から1階に運ぼうとしたりして、

重いものを持ったため、腰の筋肉を痛めたようです。bearing

母は84歳で、自分の症状を十分把握できていませんでした。think

まず、かかりつけの整形外科の先生hospitalに症状をお聞きしました。

「腰と膝の骨は、年相応の状態で心配はない。

痛みをとる治療と、骨の強化と、筋力の強化をすること。

年相応で、この年までこの症状で過ごせていることは素晴らしいこと。

後ろ向きに考えずに、前向きに考え、

これ以上症状が悪くならないように、自分で努力するように。」

といわれ、母も安心したようです。confident

(ただ、私の感想ですが、先生は早口で、84歳の母は耳も遠くなっていて、

聞き取りにくいだろうと思いました。

私でもしっかり耳をそば立てていないと聞き取りにくいですし、

この調子でしゃべられると、質問することもわからなくて、

高齢の母は、ただ聞いているだけだと思いました。wobbly

とてもいい先生で、母も長くお世話になっているし、

先生のご両親も母と同年代で、同じような状態らしいし、

看護師さんは弟と同級生で親切にしてくださって、いい環境ではありますが・・・)coldsweats01

母の骨の状況は、私の方からレントゲンを見せていただけるようにお願いしました。annoy

素人の私がみても、母の骨の状態は、84歳にしてはとてもきれいでした。good

私が84歳になったとき、母のような骨でいることが出来るかしら???

って、思いました。think

市役所に行って、「介護保険」の申請もしてきました。building

(介護保険が認定されると、ホームヘルパーさんが来てくれ、

日常の家事の手伝いをしてくれたり、

又、20万円を上限(本人1割負担)に、お風呂spaや便所に手すりをつけるような

施設の改善をしてくれたりしてくれます。)

整形の先生に介護保険の申請をすることをお話しし、

意見書を書いてくださるようにお願いしたら、confident

「えっ、まだ、介護保険受けていなかったのですか?」

と、ビックリされていました。shock

そうなんですよね、お医者様って、そこまではアドバイスはしてくださらないのですよね。bearing

私の場合は、人工股関節手術をすることになったとき、

市役所で、高額医療の手続きをした時の係の方が、

「変形股関節症の場合は、40歳から、介護保険を受けることが出来ますよ。」

って教えてくださって、初めて知りました。happy02

せっかくいい制度があっても、自分自身が常にアンテナを張っていて、

情報を集めていないと、人頼みにしているとダメなんですね。shock

母は、最初はホームヘルパーさんが家houseに入ってくることをいやがっていましたが、

イヤなら、いつでも断れることを話し、納得してもらいました。lovely

お正月fujiに帰省したときの4日に、調査員の方が家に来てくれるように依頼し、

母の様子や介護保険のことや、今後のことを弟夫婦にも頼んで、

私も一安心で、帰宅しました。housecar

後から聞くと、母が不安に思っていたのは、

(腰痛と膝の痛みは、今までも何回もあり、

整形の先生にきちんと治療は受けているのですが・・・)

今回、腰が痛くなった時に先生から聞いた言葉で、

「前のレントゲンと比べて、骨が悪くなっている!」 

というのに、ショックを受けたそうです。shock

先生にとっては何気なく使われた言葉でしょうが、

弱い立場の患者にとっては、強烈なショックですよね。shockshockshock

こんな時、とっさに、聞き返すことも出来ないのも、よくわかります。coldsweats02

弟夫婦は二人とも仕事をしているし、話す時間watchを作ることが出来ず、

(これは、自分で作ろうとしないといけないことを話しました。)

又、徳島にいる私の妹にも、

マットレスや植木を持って腰を痛めた原因を話すとしかられると思って、

一人で不安に思っていたようです。sweat01

自分自身、今回の腰痛を起こした原因が、

自分の行動にあることわかっていたので、余計、話づらかったようでした。sweat02

若い者は、そんな気持ちを経験していないので、推し量ることが出来ず、

母には、可愛そうなことをしたと思います。sad

弟夫妻と、高校生の女の子の孫にも、今まで以上に、

母に話しかけてあげてくれるように頼んで、大阪に帰ってきました。car

母は、「骨が壊れていないってわかり、安心した。

3ヶ月もたてば痛みは治ることがわかり、良かった!!!」」と

明るい顔で見送ってくれました。sign04happy01

親が子どもに残しくれる財産で一番大きなもの・・・それは、

「自分の老いて行く姿を、子どもに見せること!!!」

(これは、元 奈良の薬師寺管長 高田好胤さんの講演でおききしたことです。)

今は、親と一緒に屋根の下で生活している子どもは少なくなっています。coldsweats01

ですから、親が老いていって、体力が弱り、気力弱り、頭脳がよわっていることを、

そのすこしずつの変化をみることが出来ません。gawk

遠くにいる親が、ある日突然、、若かった姿から、年老いた姿になったことを見せられ、

子どもも愕然としてとまどいます。shock

でも、この姿は、いずれ自分がたどる道なのです。sign04sign04sign04sign01

親の老いて行く姿をしっかり見つめて、自分の行く道を学んでおきたいと思います。punch

親は身をもって、その過程を子供たちに教えているのです!shine

大阪に帰宅してから、わたしも腰痛が出ています。bearing

でも、これは、母の痛みの一部を、私が引き受けることが出来たのかな・・・

と思います。confident

私は、股関節の痛みの経験から、自分なりに対応する方法を知っていますし、

これも、日にち薬で軽くなると思っています。upwardright

さあ、これから少しずつ、旅shipの片付けをし、

年賀状fujiを書き、旅のお土産presentを送る準備をしたり・・・と

まあ、慌てず、のんびりとやっていきます。note

年賀状、、もしかすると、書き上がらないかもしれませんが・・・

その時は、事情をお察しの上、お許しくださいね。happy02

心配してくださり、メールmailtoで励ましてくださった方々に、

この場をお借りしてお礼申し上げます。lovely

有り難うございました!clover

改めて、皆様、良いお年をお迎えください。heart04

P1110106

|
|

« 緊急帰省します! | トップページ | 延々と続く真っ白な砂浜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おたまさん、素晴らしいお話をありがとうございました!。
『親が子に残す大切なもの』
感動しました
うちも母の方が昨年から老人ボケと軽い梗塞で弱ってきて 毎月、様子を見に実家に帰っています。長年仕送りもしていまして、なかなか大変な状況ですが、おたまさんの言葉を励みにして頑張ります!。おたまさんもくれぐれもお体に気をつけて よいお年をお迎え下さい。また南の島のステキなお話も楽しみにしていますshine

投稿: ユメネル | 2010年12月25日 (土) 11時02分

ユメネルさん、今日は。snow

今日はクリスマス!xmas
こちら大阪でも、粉雪が舞いました。happy02
ちょっぴりホワイトクリスマス・・・気分???snowxmas

お母様、大変ですね。confident
でも、ものは考えよう。

お母様は子どもに、行く道を教えてくださっているのですよ、
自分の姿を通して!sweat01
なかなかそうは考えられないけれど・・・
そう考える方が、少しでも前向きにとらえることが出来るかな?smile

親の姿から、私たち、しっかり学ばせてもらいましょう!!!sign03

投稿: おたま | 2010年12月25日 (土) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/50385339

この記事へのトラックバック一覧です: 親が子どもに残すことが出来る最大の財産!:

« 緊急帰省します! | トップページ | 延々と続く真っ白な砂浜 »