« 雨の中のお散歩! | トップページ | 長慶寺 紫陽花の寺 »

2011年6月18日 (土)

種子島 旅の終わりに

南西諸島クルーズもいよいよ最後の島になりました。ship

種子島です。

種子島で有名なのは、ご存じ「宇宙科学技術館」

そう、日本で唯一のロケット発射場の島です!good

オプショナルツアーで、「種子島赤米館」を見学した後、

いよいよロケット発射場へ。dash

P1200562

構内は立ち入り禁止なので、展望台から。eye

P1200554

実物の大きさのロケットが、展示されていました。

P1200577P1200609 

青い海の見える、風光明媚な丘の上にありました。sign03

P1200597

日本人初の女性宇宙飛行士の向井千秋さんの手形です。

宇宙科学技術館の中に、日本人宇宙飛行士全員の手形がありましたよ。paper

P1200673

売店で宇宙食を売っていたので、買ってきました。wink

左から「宇宙食カレー」「宇宙食たこやき」「宇宙食パン」です。

まだいただいてきませんが、たこやきが楽しみです。

お店の方の話だと、乾燥させているのだそうです。

各630円でしたよ。

これってやっぱり高いよね。annoy

南西諸島クルーズの報告はこれで終わりです。

最後までお付き合いいただき、有り難うございました。

フィナーレに、タイガくんとトラッキーちゃんとクルーの交流写真をご覧くださいね。cameragemini

P1200390

キャビンのメイドさん。(フィリッピンクルー)

P1200388

売店のクルー

P1200391_3

運航クルー

P1200398_2

フロントクルー

P1200399

イベントクルー 歌手のイギリス人のローリンです。notes

最後に、

P1200401

左膝の手当でお世話になった船医さんとナースです。hospital

有り難うございました。lovely 

|
|

« 雨の中のお散歩! | トップページ | 長慶寺 紫陽花の寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 たまちゃん、まるで旅を一緒に楽しんだかのような気持ちです。ブログっていいね。本当に面白かったし楽しかったです。毎晩、今夜はアップしてるかなってパソコンを開いてました。
 たまちゃんの元気にしている日常をこれからも読ませてね。
 

投稿: ゆみちゃん | 2011年6月19日 (日) 00時45分

ゆみちゃん、有り難う!happy01
ゆみちゃんが読んでくれていると思うと、
私も励みになりました。lovely

夕べ、震度3の地震が、又あったようですね。
地震、早くおさまれ!!!punch

まだまだ落ち着かないでしょうが、
そんな時はマイブログを開いてね。pc
私も、ゆみちゃんが読んでくれると思い、
頑張るから!!!happy02punchannoy

次回のクルーズでは、タイラーやローリン、
エドに会えないのが、ちょっぴり寂しいですが・・・think
タイラー、新宿にいるのかな?smile

投稿: おたま | 2011年6月19日 (日) 11時33分

おたまさん、お久しぶりです。
クルーズレポ、お疲れ様でした。
種子島、お天気もよくロケットが青空に映えて綺麗ですね。(おたまさんって晴れ女?)

前回の記事の『割り箸絵』
私、どくだみの匂い苦手なんです(。>0<。)
前に知らないで、カワイイ花だなと思って玄関に飾ったら臭くて臭くてびっくりしました(笑
姿はかわいいのにな~・・・

投稿: 千春 | 2011年6月20日 (月) 00時13分

千春さん、こちらこそ、ご無沙汰ばかりでごめんなさい。happy01

はい、どちらかというと、晴れることが多いですね。
晴れ女!かな?sun

えっ、どくだみの花を玄関に飾ったのですか!
この臭いは、昔から、トイレの臭い消しに利用されたのですよ。
昔は水洗トイレではなかったので、
この強烈な臭いで、トイレの臭いを消したそうですよ。bearing

私がこの花を好むのは、可憐な花の方です。
臭いもあまりに強烈すぎると、どうも・・・coldsweats02
まあ、適当なくらいの臭いはイヤではありません!confident

投稿: おたま | 2011年6月20日 (月) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/51979535

この記事へのトラックバック一覧です: 種子島 旅の終わりに:

« 雨の中のお散歩! | トップページ | 長慶寺 紫陽花の寺 »