« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

右足膝、ただいま、頑張り中!!!

9月下旬から違和感を覚えている私の両足膝。

左膝の違和感はかなり薄くなってきました。

でも、今度は、右膝に痛みが出てきています。

きっと、左が痛いとき、右が、頑張ってくれていたのでしょうね。

毎晩、毎晩、お風呂上がりには、モーラステープのお世話になっています。

足膝に違和感があるときは、休ませてあげて、いたわらないといけないのに、

伊賀上野城に上り、和歌山城に上り、大阪の町を歩き回るのですものね。

私の足も大変だ!!!

これからしばらくはお休みさせて、早く違和感を取らなくては。

でもね、急に、12月13日、札幌へ行くことになりました。

13日、札幌に一泊して、翌日帰る予定です!

それまでに、足、早く治さないと・・・ね!

札幌の足友さん、夢友さん、もしお時間があれが、お会いできると嬉しいな~

13日の夜か、14日のお昼なら時間がありま~~す!

   ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

先日の絵手紙教室で描いたクリスマスカードを1枚!

いよいよ、師走ですよ!

P1220626

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

2つめの世界一周クルーズ同窓会・・尼崎編

2010年世界一周クルーズに参加された中に、

兵庫県尼崎で中華料理店を経営されている方がいます。

お店の名前が「チャイナ 萬来(ばんらい)」

P1220633

ここをお借りして、昨日第二回目の「萬来会」が開かれました。

世界一周クルーズ有志が集まっての同窓会です。

お誘いくださったので、またまた出かけていきましたよ。

日本各地から、特に今回は関東からもたくさん駆けつけてくださり、

総勢23名になりました。

もちろんお料理は、中華料理のコース!

P1220634

オードブルに始まり・・・

P1220642

酢豚に・・・

P1220643

スープに・・・

P1220650

唐揚げと春巻き。

この春巻き、絶品でした!

P1220651

美味しかったのがこの餃子!

たれのお味が最高!

P1220652

エビチリに・・・

P1220653

チャーハンと・・・、お腹いっぱいいただきました。

この日は丁度、こちらの商店街の街灯の点灯式の日でした。 

商店街の会長さんをされている店主のYさん、式典のご挨拶があるお忙しい中、

私たちの同窓会を盛り上げてくださいました。

ローカルテレビのインタビューを受けているYさんを、3階からパチリ!

P1220666

来年の再会を約束して、お開きとなりましたが、

私たちは有志で、梅田の関東煮のお店、「たこ梅」で二次会を!

P1220674

懐かしい、たこ梅の蛸に再会し、楽しかった1日が終わりました。

P1220673

みなさん、来年又お会いしましょうね!

帰りに阪急デパートのデコレーションで、サンタに変身しましたよ。

このデコレーションの前に立つと、カメラで写されて、

サンタの顔に自分の顔が写るのですよ。

P1220676

  わかりますか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

和歌山再発見日帰りツアー その③ 淡島神社 編

和歌山城を後にして、車で加太(かだ)の淡島神社へ!

加太は海沿いにある和歌山近郊の海岸。

加太の位置は下のHPで、和歌山城も確かめてね。

http://www.kada.jp/map/01.html

そこにあるのが、淡島神社。

女性の守り神で、人形供養の神社として、有名な神社です。

P1220586a

下のHPで、淡島神社の縁起や謂われを読んでくださいね。

http://www.kada.jp/awashima/origin/index.html(縁起)

http://b-spot.seesaa.net/article/25322577.html(境内の人形)

P1220596

P1220599

P1220588

境内、所狭しと並べられている人形。

可愛がった人形を捨てるに忍びない方達が、

供養をしてもらうために日本全国から訪れます。

境内にあった、「紀伊国屋文左衛門の船の帆柱」!

穴があいていて、そこをくぐり抜けます。

P1220600   

P1220601

この穴をくぐり抜けるためには、体を横向きにしないと、くぐりぬけにくかったです。

もしかすると途中でつかるかな?って思って、ビクビクしながら通りましたよ!

セーフ!!!でも、このご利益は???

見るの忘れました!!!

淡島神社の参道に、おみやげ物の店が並んでいます。

P1220608

店の前には、サザエやガンガラ(磯もの)、おく貝(おおあさり)等の貝が売られています。

P1220609

昔食べたおく貝の味が懐かしく、お店でいただきましたよ。

P1220605

P1220606

醤油味がして、かみごたえがあり、懐かしい味でした。

こうして、我が故郷の和歌山再発見の旅は終わりました。

細ッチさん、1日お世話になりました。

懐かしく、とても心がほんわかした旅になりました。

来月もよろしくお願いしま~~す!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

和歌山再発見日帰りツアー その② 和歌山城編

ランチを終えて、食後の運動をかねて、和歌山城へ!

ご存知のように、和歌山紀州藩は、徳川の御三家の一つ、親藩の地。

紀州55万石の城下町の中心地です。

昔々のその昔・・・上ったきりで、本当に久しぶりの訪問となりました。

天守閣までは、階段、又、階段をひたすら上ります。

P1220553

P1220554

ようやく天守閣が見えてきました。

P1220555

秋空に包まれた、天守閣、素敵でした。

お天気に恵まれた旅は、最高ですね。

P1220562

さあ、あの天守閣の頂上まで、又上りましょう!

P1220570_2

楠門を入り・・・

P1220573

P1220575

天守閣の中へ。

残念ながら、場内は撮影禁止!

城内には鎧や 刀等の江戸時代のものがたくさん展示されていました。

3階ほどの階段を上って、ようやく天守頂上!

頂上からは、和歌山の市内が一望!

P1220582

有名な紀ノ川が見えます。

(有吉佐和子さんの「紀ノ川」の小説、読まれましたか?)

P1220581

お堀周りの木々の紅葉、これくらいでした。

行きはよいよい、帰りは怖い!

階段は上るのより、下るのが膝にきますね。

駐車場まで、またまた来た道を帰りましたよ!

かなり足・膝にこたえたかな???

でも、楽しいときは、あまり感じないものですね。

に帰ってきてから気がつきます。

さあ、続いては、加太にある淡島神社へ!

           続く・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

和歌山再発見日帰りツアー その① ランチ編

和歌山の足友さんの細ッチさんから、ランチのお誘いを受けました。

「JOY 味村」というレストランです。

P1220540

今回は車ではなく、南海電車の普通車に乗って、

のんびりと一駅一駅止まりながらの旅気分!

和歌山城近くのフランス料理店で、

リーズナブルで、サービスがいいというお店だと紹介してもらい、

期待でワクワク出かけました。

納得なお店で、納得なお味のレストランでした。 

今日の和歌山市内探訪の第1弾は、まずは目に毒編からどうぞ!

オードブルは・・・ 何とか貝のテリーヌ? (名前、覚えられません。)

P1220547

二つ目は、何とか海老の何とか ???

P1220548

これは覚えているよ、サツマイモのポタージュ! (エヘン!)

P1220549

メインは スズキのポワレ!!!

P1220550

そして締めは、デザート!林檎のコンポートとアイスクリームと何とかケーキ。

P1220551

お料理の味もさることながら、気配りの感じるサービスがとても気持ちいい!!!

食べ終わるタイミングよく、お皿をひきに来るし、

次のお料理も、待たせることなくサービスしてくれる。

太陽がまぶしすぎると、さりげなく、カーテンを引いてくれる。

サービスもお料理の味のうち。

気持ちよくお食事を楽しめるお店でした。 

そうそう、予約していたので、サービスでドリンクがついていました。

ザクロのワインとオレンジジュースです。

P1220546

お腹がいっぱいになったので、次は運動を。

徳川御三家の一つ、紀州徳川家の居城 和歌山城へ。

さあ~~、身につけたカロリーは歩いて歩いて、消費しなくっちゃ!

和歌山城の登城の様子は、次号で・・・   続く・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

雲が邪魔をした!

夕べは夜中の2時半、目が覚めたので外に出た。

もちろん、獅子座流星群の流れ星を見るためだ。

でもでも、空一面の雲。

も雲に隠されて、ほんの少しの明かりしか見えなかった。

残念!!!

どこかで見えたのかしら、獅子座流星群。

「ソラマド」でも、見えなかったそうだが・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

今夜は獅子座流星群が・・・

このニュース、早く書こうと思っていたのに・・・

今になっちゃった!

今夜は東から南の空に、獅子座流星群を見ることが出来るそうですよ。

夜中に目を覚ましたら、空を見上げてみてください。

そして、星に願いを!

私の今の願いは・・・「足の強張り、飛んでいけ!!!」

見えたら、教えてね!!!

http://www.rbbtoday.com/article/2011/11/10/82873.html

参考までに!

下のは実況中継だって!

http://weathernews.jp/leo/?fm=MWS_DOOR_observation

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

それは、左足膝裏のこわばりから始まった!

9月の第4週の日曜日、シュノーミングから帰った夜のベッドの中。

「あれ、左膝、おかしい、どことなく違和感がある・・・」と思いながら眠りについた。

明くる朝、起きるとき、どことなく左足が重く、左足膝後ろの筋肉がこわばっている。

「おかしいなあ、これはカーズに行って、筋肉をゆるめないと・・・」と思い、

マシーンで頑張ったら、膝を使ってしまうので、膝が痛くなってきた。

それからず~~と、膝の後ろの筋肉の強張りと膝の違和感が続いている。

10月の第2週の日曜日のシュノーミングは、

膝に負担をかけない泳ぎ方をして用心した。

シュノーミングで筋肉をゆるめたら、少しは楽になるかなとも思ったが、

相変わらず違和感が続いた。

夜、お風呂から出たら、モーラステープを貼り続けた。

丁度その頃、中敷きを変えた新しい靴を履いて歩いていた。

靴屋さんからも

「1~2ヶ月くらいは、今まで使っていない筋肉を使うかもしれないので、

違和感が出ると思います。」ともいわれていた。

その靴を履いて、リアルト会の旅行で観光地を歩いた。

こんな状態で1ヶ月半が過ぎた。

膝の痛みは、左に出たり、右膝に出たり、腰がこわばったり、

左臀部や背中がこわばったりと、その時々に違和感の場所は変わる。

鍼灸整体の先生からは、「違和感がある間は、運動は休みなさい!」

と指導を受けた

カーブスも、今は休んでいるし、シュノーミングも10月第4週はお休み。

ただ、ヨガだけは、とてもいい効果があるように思う。

週1回のヨガではあるが、75分間、ゆっくりと、じわ~~と、

無理しないで続けている。

終わった後は、筋肉がゆるみ、伸びてきているように思う。

お世話になっているホームドクター、鍼灸整体の先生、リンパマッサージの先生、

ヨガの先生の話を考え合わせてみると、

私なりの結論が出てきたように思う。

ここ数年、秋から冬に変わるこの季節の変わり目は、

どことなく体調に変調が見られる。(年を重ねると供に・・・)

ヨガの先生がおっしゃっていた。

「季節の変わり目のこの時期は、自律神経にみだれが起こる方が多いのですよ。

自律神経のみだれは怖いですよ。

いろいろな体の変調に繋がります。

なかには、足膝の裏の筋肉がこわばる方もいますよ。」

(あれ、これって、私のこと・・・)

「こわばった筋肉は、ゆるめようとして強い刺激をあたると、

逆に、筋肉は防御しようとして余計固まります。

氷を溶かすように、こわばった筋肉もゆっくり溶かしてくださいね。」

氷を溶かすように!

この言葉が、今の私の筋肉に、とてもぴったりした。

リンパマッサージの先生は、

「筋肉がものすごく冷たいです。ズボン下を履き、レッグマッサージをして、

足元を冷やさないようにしなさいね。」

と言われた。

気温が低くなってくるこの時期、筋肉を冷やさないようにし、

いかに筋肉を温めるかが大切なようだ。

筋肉がゆるむまで、しばらくはシュノーミングもお休みしよう。

(2時間プールに入って、家に着くまで1時間半、冷えたままの体で帰るのは、

やはり、筋肉には酷なようだ。)

カーブスのような筋トレも、筋肉の状態がいいときにしよう。

今は、ヨガで、じっくりと筋肉を溶かそう!!!

75分間のヨガは、汗がにじみ出て来て、筋肉が深部からゆるみ、

溶けているのが体感できる。

眠っていたヨガ(クルーズでご縁をいただいたセティ先生のヨガ)のDVDを取り出し、

テレビを見ながら、家でも、ヨガを始めだした。

P1220519

P1220523

親しみのあるセティ先生のお顔を見ながらのヨガは、どことなく心が癒される。

DVDのモデルの方のようには出来ないけれど、

出来ているイメージで、やっていけばいいのだから。

パソコンの前では、下半身をレッグホットで温め、レッグウオーマーを付け、

筋肉を冷やさないように心がけよう!

何事も、若い頃のようにはいかないな~

(こんなことを書いていたら、今ラジオから、

免疫力は、70歳になると20歳の時の四分の一になる。)と、流れてきたよ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

世界一周クルーズ同窓会 その4 伊賀上野編(後編)

伊賀上野市観光を終え、たけちゃんと別れた後、

ランチは伊賀牛の「森辻」というお店に行きました。

P1220350

森辻の玄関、可愛いフクロウが迎えてくれましたよ。

ランチは「しゃぶしゃぶ」と「すき焼き」の2つのグループに分かれていただきました。

P1220356

すき焼きと、

P1220359

しゃぶしゃぶ、どちらも柔らかくて甘みがあり、ほっぺが落ちました。

もう一つの伊賀牛の名店「金谷」の前を通り、

P1220367

食後、幹事の船友さんが案内してくれたのが、

俳優の椎名桔平さんのご両親が経営している喫茶店。

P1220382_3

店内には、椎名桔平さんのポスターが!

コーヒー、美味しかったです。

P1220384

素敵なインテリア!

P1220383

可愛い坪庭。

P1220379 

こうして、1泊2日のリアルト会の旅、楽しくお開き。

来年は、私が幹事で、小樽へ行く予定です。

リアルト会のみなさん、2日間、楽しい旅を有り難うございました。

P1220389

伊賀鉄道の忍者電車に見送られて、帰宅の途につきました。

     The End

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

干支ひとまわり展と辰の土鈴絵付け

今日は、我が町の「新調だんじり」のお披露目でした。

「干支ひとまわり展」に出かけようとしたら、車に乗せられて

お披露目会場に移動していただんじりに遭遇。

思わず、パチリ。

P1220429

  ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

さて、私の絵手紙教室の先生の「干支ひとまわり展」、

今日、クローバーの会を田尻歴史館で開いて、同時に行って来ました。

ランチはほどほどにすませて

P1220431

一時半からの「辰の土鈴の絵付け」を体験。

P1220434

こんな真っ白の辰に、まず、

P1220435 

基本の色をピンクで塗り、(色は自分の好みです)

模様の色つけをしていきました。

P1220436

P1220442

目を入れ、「寿」の字を書き、紐を付けて出来上がり。

一緒に色つけしていた、小学校入学前の男の子の作品。

P1220444

本人の許可をもらって掲載しますね。

P1220445

辰の色つけを終えてから、作品展をひとまわり。

P1220451

先生の12支の年賀状です。

P1220453

天国への手紙や、

P1220455

私の寅年の「虎一家」の作品や、

P1220456

私の教室のみなさんの作品も。

先生の作品はさすがに心をひかれました

P1220452

P1220465

P1220466

P1220468

P1220470

P1220475

ライトが反射しているので、少し見にくくてごめんなさいね。

お腹も、心も満足した1日でした。

先生、有り難うございました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

夏? それとも 冬???

今日、早々と、インフルエンザの注射をしてきました。

11月ですよね。

でも、半袖でもいいくらいの暑さですよ。

エレベータで会ったご近所さんと、

「暑いですね。なんか、変な暑さですね。何か起こらなければいいのですが・・・」

なんて、この気温は、温かくて過ごしやすいのではなく、不安です。

そんな中なんですよ、季節はもうすぐ冬!

インフルエンザの予防接種の季節ですよ。

一体、夏か冬か???変な気候です。

P1220416

でもって、柿は秋ですよね!

紅葉も、まだまだだそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

世界一周クルーズ同窓会 その3・・・ 伊賀上野 編(前編)

リアルト会2日目は、伊賀上野へ。

ここは、伊賀流忍術の発祥の地であり、

又、俳聖松尾芭蕉の生誕地でもあります。

こちらには足友さんのたけちゃんが住んでいます。

たけちゃんとは、まだ一度も会ったことがなかったのですが、

丁度いい機会なので、会いたい旨メールで連絡していたら、

伊賀鉄道の上野市駅まで迎えに来てくれました。

たけちゃんとは初めて会ったのに、 なんの気兼ねもなく、

自然と話に入っていましたよ。

いつものことながら、ふ・し・ぎ!

たけちゃんの車で、伊賀市内観光に連れて行ってもらいました。

最初は、忍者屋敷へ。

P1220272

P1220282

屋敷内のからくりを現在の くノ一 が案内してくれました。

続いて、 「俳聖殿」。

旅姿の芭蕉を建築で表現した、

日本建築史上でも傑作との呼び声高い八角堂です。

P1220293

中には、芭蕉像が!

P1220296

いよいよ、メインの観光スポット 「伊賀上野城」 

城作りの名手「藤堂高虎」が築城したお城で、日本で1.2を争う石垣が有名だそうです。

黒澤明監督の映画「影武者」のロケにも使われたそうです。

P1220303

天守閣へは、ひたすら階段を上ります。 

P1220304_2

P1220309

たけちゃんも私も、手術したお陰で、階段も、頑張れる!

手術前では考えられなかったことが、人並みに出来るようになり、

喜びを感じるのは、こんな時です!

P1220311

天守閣の窓から、市内と俳聖殿が見えました。

上野天神祭の巨大な「だんじり」が展示されている 「だんじり会館」。

P1220331 

鬼行列も行われるそうです。

P1220327

最後に、伊賀焼きの陶芸作家「谷本 洋」の作品のあるお店に寄り、

0が2つほど多い、高価な作品を見て、目の保養をしました。

P1220346

伊賀焼きは、川端康成が1968年のノーベル賞授賞式の記念講演

「美しい日本と私」の中で、話されているそうです。

たけちゃんには、荒木又右衛門の伊賀越仇討ちで有名な

「鍵屋の辻」 まで送ってもらい、さよならしました。

たけちゃん、楽しい観光、有り難うございました。

お土産に買った「松葉」のお菓子、香ばしくて美味しかったです。

   次号(後編)に続く。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

おたまの料理教室(?)・・・栗の湯がき方 編

岩根(がんね)栗、しばらく冷蔵庫で冬眠していましたが、ようやく湯がき上がりました。

岩根栗については、前の記事をどうぞ!

http://otama-smile20081025.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-d1fb.html

上手く湯がけましたので、栗の湯がき方のおたまのお料理教室です。(エヘン!)

って、いばることではありませんが・・・

パソコンで検索し、いろいろ調べた中からのワンポイントレッスン!

①栗は、しばらく、冷蔵庫のチルド室で寝かす。(3~30日ぐらい)

 そうすることにより、甘さが増す。(私は1週間寝かせました。)

②栗を水につけて、半日から1日置く。(これ、ポイント!)

②鍋に栗がひたるくらいの水を入れ、適量の塩を入れる

P1220400_2 

中火で40~50分湯がく。 その間、2~3回、混ぜる

P1220401

④湯がいた後、湯が冷えるまで、栗はそのまま置いておく

 そうすることにより、えぐみが水の中に出て、美味しくなる

P1220403_2

こうして湯がいた栗をいただきました。

美味!

P1220407

半分に切って、ギザギザスプーンでほりほり!

渋皮の内側までいただけます。

栗の皮剥きも、これで省略できました。

なんのために栗剥き器を買ったのでしょうね。(宝の持ち腐れです。)

  ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

今朝、さくらちゃんが、この栗を取りに来ましたよ。

試食中のさくらちゃん、真剣に栗の実をほりほりしています。

5歳の子には、栗の実の粉粉、こぼさないで食べるのは、なかなか難しいようです!

P1220412a

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

世界一周クルーズ同窓会 その2・・・ヴィラココパ編 

10月28日、リアルト会の宿泊地は、三重県榊原温泉にある

「白山ヴィレッジ ヴィラココパリゾート」

詳しい様子はこちらのHPをご覧くださいね。

http://www.cocopa.co.jp/

ここで、韓国ドラマ「赤と黒」の撮影が行われたそうです。 

http://www.cocopa.co.jp/location/ 

敷地内には3つのゴルフコースがあり、

P1220232a

宿泊施設は2つのホテルと コテージと ヴィラと 別荘のような施設がある

広大なリゾート施設でした。

P1220245a

P1220255a

ですから入浴も食事も、敷地内移動はすべてバス。

榊原温泉で汗を流し、夕食は「和ダイニング 白山」で、

P1220221

「白山鍋」をいただきながら、盛り上がりました。

P1220224_2

その後、カラオケに行って、大いに歌い、

宿泊所のヴィラに帰ってから、今日の締めをして 休みました。

翌朝、敷地内をお散歩して、朝日をパチリ!

P1220236a

暑くもなく、寒くもない、 秋の1日の始まりです。

P1220259_2

朝食はクラブハウスでバイキングをいただき、さあ、いよいよ2日目。

近鉄電車から伊賀鉄道を乗りついで、

伊賀流忍者のふるさと・松尾芭蕉生誕地の伊賀上野の観光に出発しました。

P1220267

伊賀鉄道の車両は、カラフルな絵付きでしたよ。

P1220266

車両内では、昔懐かしキップの検札がありました。

何とものんびりとした、のどかな列車でした。

続きは次号で!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »