« 「はい」という返事? | トップページ | 速報です! »

東洋医学と西洋医学

昨日のブログpcで書いたこと、病院hospitalへ行ったのは・・・

書けば長くなりますが、こんな理由でした。think

実は、以前から時々ではありますが、口の中の上あごの表面に、

骨がぽこっと出ることがあるのです。coldsweats01

そうなると、食べ物を食べると、そこに食べ物があたって、皮膚の表面が傷つき、

浸みたり、痛みが出て、食事が辛くなります。coldsweats02

どんなときにそうなるのか、自分でもよくわかりません。wobbly

今までは、しばらくしたら治っていたのですが、今回はなかなか治りません。bearing

私のホームドクターhospitalは、産婦人科・内科が専門です。

月1回、ホームドクターのところへ行ったついでに、このことを話してみたら、

「わからん!間違ったことをいったらいけないので、口腔外科へ行ってこい!

この市民病院の、○○先生がよく診てくれるから。」

(ホームドクターとは長年のお付き合いですし、

私の高校の先輩なので、親しく診てくださいます。)と

教えてくれたので、初めての市民病院へ行ったのです。hospital

結果は 「骨隆起」 との診断名がつきました。think

ようは、骨が隆起・盛り上がっているのですよね。(見ればわかる診断名でした。)coldsweats02

先生曰く!

「私たちの中では、よくあることです。

ひどくなれば、骨を切り取るような処置もありますが、

貴女の場合は、薬を塗っておけばいいでしょう。

抗生物質の塗り薬を付けてください。」

とのことで、何もなく帰ってきたのでした。house

これが西洋医学です。

「なぜそうなるのか!」・・・ 「老化です。」 (ここで、説明は終わりでした。)

本当は、年を取るとなぜそうなるのか、

これ以上悪くならないためにはないに、何に気を付ければいいのか?・・・

を聞きたかったのですが、初めてでもあるし、

次の患者さんが待っているしで・・・これがなかなか聞きづらいものなのですよね。think

さて、そこで、私が股関節手術する前からお世話になっている鍼灸整体の先生。

私の口の中を見て、

「これは、今、貴女の歩き方が、かかと重心になっているからですよ。」といわれます。

実は、私の体のバランスは、股関節が悪かった長年の積み重ねで、

どうしても右側が前にねじれているそうです。

ですから、いつも、歩き始めの足は左から出すように指導を受けています。

でも、この体のねじれや傾きは、左右均等になるようには治りません。

(というより、誰でも、股関節が悪くなくても、

みんな左右の足の長さが違ったりしていることが多いそうで、

左右、前後のバランスの悪さはあるんだそうですよ。)

そこで、鍼灸整体の先生は、私の場合、かかと重心になっている体のバランスを、

調節してくれるのです。

とはいっても、治すのではありません。

あくまでのメンテナンスなのです。confident

これ以上悪くならないように、又悪くなるのを出来るだけ遅くするものだと、思っています。

施術前、先生が

「舌で、上あごの骨の出っ張り具合をさわって確かめてくださいね。」

と言われました。

足の先から頭のてっぺんまで、鍼や、筋肉のもみほぐしや、

その他、何やかや(私にはよくわかりませんが、1時間ぐらいの)施術をした後、

「舌で、骨の出っ張りをさわってみて。」といわれるので、さわってみると、

とんがっていた骨が丸みを感じました。

その後、歩いてみると、歩くときの足の重心が、前に移動しています。

(ただし、これは治ったことではないのです。あくまでもメンテナンスです。念のため。)

これが、東洋医学なのかな?

西洋医学は患部をみての治療、対処療法。

東洋医学は、体全体から見る治療・施術。

それぞれ長所・短所はあるので、両方のいいところを知って、

上手に付き合っていかないと・・・ね。confident

骨隆起という診断名がついた、今回の通院からの雑感です。wink

今日現代、少しずつではありますが、塗り薬のお陰もあり、

食べるときの浸みや痛みは軽くなってきています。wink

この骨、いつ、へっこむのかしら???think

|
|

« 「はい」という返事? | トップページ | 速報です! »

人工股関節・足友」カテゴリの記事

コメント

おたまさん、くれぐれもお大事になさってくださいね、
以前、足の皮膚が剥ける病気(水虫じゃないです〜coldsweats01)で、大学病院で出された強い軟膏で一向に治らず 悪化していったのが、 漢方薬治療の医院で みるみる治りました。
一年苦しんだ腱鞘炎が 名医の一本の注射で治ったことも…
西洋、東洋、どちらにしても、 治らないようなら、治療を変えてみるというのが 私の経験です。

投稿: ユメネル | 2011年12月 9日 (金) 01時11分

ユメネルさん、有り難うございます!happy01

そうなんですか、ユメネルさんもいろいろな経験をされているのですね。think
お仕事柄、腱鞘炎は大変だったことでしょう!coldsweats02

セカンドオピニヨンということが広まっている今、
西洋医学、東洋医学にかかわらず、
広く情報を求めて、患者自身が賢くならないとね。good

ただ、自分で情報を集めるためには、常日頃から、
アンテナを張っていないと!slatepcbooktvmemogemini

投稿: おたま | 2011年12月 9日 (金) 22時49分

聞いた事のない病名ですね
でもやはり気になると病院に行った方がいいですよね
整形に行ってから、足の痛みも軽くなったし
なぜもっと早く行かなかったんだろうと思っています
待ってる時間の編み物は家でするよりも早く出来ます。私はプエルやネルル達のカーデガンを編んでいます。自分のベストでもと糸だけは買っていますがなんか編む気がでませんwobblyだって大きすぎて。
この間の挨拶の」話、私は外食をしたら帰る時には
「ごちそうさま」って言います。
飲食店で働いていたからでしょうかsmile

投稿: ねねばあちゃん | 2011年12月10日 (土) 01時53分

ねねばあちゃん、「骨隆起」って、
単に骨が出っ張っているということだけです。think
病名なんて大層なものではないんですよ。coldsweats01
体のゆがみから来る、骨の片寄り、
バランスの崩れからくる隆起だと思っています。think

でも、食べ物があたると痛い!shock
この骨、引っ込んでくれるのかしら???

足の痛み、軽くなってよかったですね。good
私も、悪いものではないということがわかっただけでも安心しました。confident

そうそう、私も飲食店から出るときは、
「ご馳走様」って言って出ますね。restaurant

投稿: おたま | 2011年12月10日 (土) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/53437466

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋医学と西洋医学:

« 「はい」という返事? | トップページ | 速報です! »