« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

西オーストラリア・アジア楽園クルーズ報告 その4 赤道通過祭編

パシフィック・ビーナス号shipは、1月20日、赤道を通過しました。sign04

その時行われたのが、赤道通過祭!waveship

これは、海の神ネプチューン大王様に、赤道を通過する許可を得るための

イベントなのです。impact

ネプチューン大王には、ヨガのセティ先生が扮しました。confident

赤道を通過する許可を得るために、

P1230424_2

ネプチューン大王に可愛い雌牛を貢ぎましたが、気に入られません。angry

P1230428

そこで、船の中で一番の美女を差し出したら、ネプチューン大王は大喜び!happy02

P1230431

無事、キャプテンに赤道通過の鍵が手渡されました。

この美女は、パーサーの三田さん(男性)が仮装しています。

乗客の皆様は、大爆笑!!!happy02smilehappy01

P1230437

三田さんの大奮闘のお陰で、パシフィック・ビーナス号は、

無事、南半球にはいることが出来ました。ship

船内では、こんなイベントも行われるのですよ。

ネプチューン大王のセティ先生、メイクも冠や衣装もご自身で凝って作られたそうな。

なかなかの名演技でした。good

学生時代、演劇部にいたこともあったそうです。

P1230438

キャプテンが、赤道を切って、船はバリ島をめざしました。waveship

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年2月26日 (日)

雛飾り

クルーズshipから帰国して23日、久しぶりの絵手紙教室でした。art

この日は、雛飾りを作り、おひな様の絵手紙を描きました。lovely

①まず、段ボールを切り

P1260390

②これに千代紙を貼ります。(これが表の表紙になります。)

P1260392

③内側に赤い画用紙を貼り、

P1260393

④クリアファイルで絵手紙をいれるところを作ります。

P1260394

⑤おひな様の絵手紙を描き、クリアファイルの中に入れて出来上がり!good

真ん中が折れ曲がるので、立てて飾れます。wink

P1260404

3月3日のひな祭りに、間に合いました。

P1260405

P1260403

絵手紙教室の後の恒例のランチ。restaurant

今日は、あんかけ蟹チャーハン。restaurant

故あって、半分だけいただきました。delicious

なぜって、???bleah

それは、又後日。

P1260409 

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2012年2月25日 (土)

西オーストラリア・アジア楽園クルーズ その3 パラオ編

1月17日(火)、ビーナス号shipはパラオのマラカル島に入港しました。(下:パラオ国旗)

P1230271

パラオでは、オプショナルツアーの「ジェリーフィッシュのシュノーケリング」参加しました。wave

世界でも珍しい、毒のない淡水に住むクラゲの池のシュノーケリングです。

とはいっても島までボートで行き、

P1230286

山道を登りupwardright、下りdownwardright、池に到着するまで大変でした。sweat01

こんな山道を登って行ったのです!denim

(ここからはカメラ持ち込み禁止。この山の斜面を登ります。)coldsweats02

P1230310

詳しくは、you tube でどうぞ!pc

(ジェリーフィッシュって、こんなの)

http://www.youtube.com/watch?v=8Mdu34JXUxU

アニメの「崖の上のポニョ」の中で登場するクラゲは、ココがモデルだそうな・・・movie

最初は、タコクラゲをおっかなびっくりでさわっていましたが、

なかなか可愛かったですよ。heart02

お昼のランチrestaurantは、ガルメアウス島で、バーベキューランチ。delicious

P1230315 P1230318

シュノーケリングの後のすいたお腹にはとても美味でした!!!

午後は、「パラダイスコーナー」といわれる、

パラオ3大シュノーケリングのポイントの一つで、シュノーケリング三昧を!good

ココは思いがけない収穫ポイント!lovely

大きな珊瑚礁に、たくさんの熱帯魚。fishpisces

ナポレオンフィッシュ・ニモ(カクレクマノミ)にも会えましたよ!eye

(ナポレオンフィッシュとは・・・)

http://www.asahi-net.or.jp/~pw2t-mnwk/Album/Fish/NapoleonFish.html

(残念ながら水中写真はなし。)

P1230337

ロックアイランドを巡り、「ナチュラルアーチ」(上の写真)をくぐり、

パラノのきれいな海を満喫し、

P1230369a

夕刻、パシフィック・ビーナス号に帰船しました。ship

さすが南国の海、紫外線は半端ではなかった!(焼けました!!!)sunsunsun

パラオの公式HP:http://www.palau.or.jp/rock/index.html#01(参照)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年2月23日 (木)

西オーストラリア・アジア楽園クルーズ報告 その2 沖ノ鳥島編

横浜港を1月12日に出港したパシフィック・ビーナス号shipは、

15日、日本最南端の領土 「沖ノ鳥島」 通過しました。

沖ノ鳥島は3つの小島ですが、あまりにも小さくて波に浸食され消えてしまいそうなので、

波の浸食から守るために、コンクリートで護岸工事がされていました。sign03

P1230222P1230243

そばには監視塔が建っています。shine

この島が日本の経済水域を守っているのだそうです。annoy

P1230211

沖ノ鳥島の意義や、護岸工事などについては、下のHPを参考にしてくださいね。

http://www.google.co.jp/search?q=%E6%B2%96%E3%83%8E%E9%B3%A5%E5%B3%B6&hl=ja&rlz=1T4SKPB_jaJP390JP391&prmd=imvnsu&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=NUFGT6ziNcHjiAKW2pjbDQ&ved=0CEsQsAQ&biw=1018&bih=723

(沖ノ鳥島護岸工事の写真)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E3%83%8E%E9%B3%A5%E5%B3%B6

沖ノ鳥島は日本の領土ですが、個人では上陸できません。

クルーズ船などでそばを通るときだけ見ることが出来るそうです。 ship eye

こんな時、私は日本人なのだな~と強く意識しますね。confident

ビーナス号は、沖ノ鳥島をぐるりとひとまわりして、パラオへ向けて離れていきました!wave

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年2月21日 (火)

2012西オーストラリア・アジア楽園クルーズ報告 その1

では、今日から、今回のクルーズshipの様子をアップしていきますね。pc

詳しい日程は、下記のビーナスクルーズのHPでどうぞ!sign01

http://www.venus-cruise.co.jp/mtos/cruise_log/2012/01/2012.html

11月11日、神戸港を出港したパシフィック・ビーナス号!

翌12日、横浜港に入港、

横浜からのお客様が合流し、総勢330名ほどを乗せて、

一路パラオのマラカル島に向けて出港!wave

船内では、船長主催の「ウェルカムパーティ」が開催されました。wine

P1230191

五人のオフィサーの鏡開きに始まり、bottle

講師先生の紹介。

P1230178

インド人のヨガの先生、アニール・セティ 先生。

今回3度目の受講をしました。

ヨガの効果は又後ほど!happy01

P1230180

31年間続いたテレビtvの「兼高かおる世界の旅」の兼高かおるさん。

私が中学生の頃から、世界150ヶ国以上の国を飛び回って、

世界中の様子を報道してくれていた憧れの人です。airplane

当時のコマーシャル会社、「パン・アメリカン航空」は、羨望の的でした。lovely

航海中3回の講演をお聞きし、現在84歳とは思えないお元気さに、

たくさんのパワーをいただきました。punchannoy

兼高先生とはこの後、コモド島で、

コモドドラゴンを一緒に見学することが出来たのですよ!(感激!)heart04

P1230187

この日は1回目のフォーマルの日。shine

カクテル「パシフィック・ビーナス」をいただき、bar

P1230195 P1230199

フランス料理のフルコースディナー。restaurant

いよいよ、旅の始まりです。ship

船内で作ったコサージュです。good

P1230144

今回のクルーズは、80%がリピーターさんとのこと。

懐かしい顔にたくさん出会うことが出来ました。happy02

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年2月20日 (月)

ただいま!

ただいま、今日1時、無事自宅houseに帰ってきました。

1月11日に神戸港を出発して40日間の「西オーストラリア・アジア楽園クルーズ」から

帰国しました。ship

今回のクルーズは、出港時の海の大きな揺れに始まり、

西オーストラリアのフリーマントル港では、南半球の台風に遭遇したり、

帰国時の3日間にわたる大揺れの旅となりました。wave typhoon wave

又曇りcloudの日が多く、きれいな朝日sunや夕日、南半球の南十字星shineなどの星々にも

ほとんど出会うことが出来ませんでした。bearing

でも、お陰様で、私は風邪にかかることもなく、健康で旅を続けることが出来ました。happy01

西オーストラリアのフリーマントルでは、42度もの高温wobblyupwardrightの中の観光になったり、

日本に帰ってきたら真冬の低温、

この温度差に体がついて行けるかな~と心配していましたが、

今日は穏やかな冬日、心配したほどの影響も今はありません。wink

帰ってきてから少し昼寝をしたら、回復したようです。sleepy

でも油断は出来ませんね、疲れはもう少し後で出てくるかもしれませんね。sweat01

では、クルーズのアップ、少しずつしていきますね。pc

明日から、よろしくお願いします。clover

P1230131

船のロビーに飾られた今回のクルーズで訪れた国々の国旗です。eye

パラオ・インドネシア・オーストラリア・シンガポール・マレーシア・香港です。

P1230118

神戸港出港時、ツアー課のお姉さん達にダッコされたタイガくんとトラッキーちゃん。gemini

P1230171

銅鑼が鳴り響き、いよいよ出港です!!!ship

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »