« 小笠原クルーズ その1 大荒れの出港 編 | トップページ | 小笠原クルーズ その3 小笠原固有植物観察ツアー 編 »

2012年4月11日 (水)

小笠原クルーズ その2 フリー行動編

小笠原諸島は、大陸と地続きになったことのない海洋島で、固有種の宝庫。

それが認められて、2011年6月、世界自然遺産に登録されました。sign03

その中の父島に、5日、パシフィック・ビーナス号から通船で上陸しました。shoe

午前中は、船友のみどりちゃんと一緒に、フリー行動を。denim

まずは、小高い山の上にある、大神山神社を目指しました。upwardright

P1260939

こんな階段を上り、まだ上にのぼり・・・upwardrightsign04upwardright

P1260963a

神社で旅の安全祈願を。confident

この上の山頂まで、ひたすら階段を上りました。upwardrightsign04upwardright

P1260989

トンネルをぬけると、沖に浮かんでいるビーナス号shipが見えました。eye

心地良い風に吹かれて、一休み。confident

P1260983

手前の船が、定期船の小笠原丸、沖に浮かんでいるのがパシフィック・ビーナス号shipです。

前浜の白いビーチが美しく見えます。wave

P1260975

山を下りるとき、さすがに上りで頑張ってくれた足denim、右膝に痛みが。bearing

横向きでソロリソロリと下まで下りてきました。downwardrightsign04downwardright

下りたところは、大村の街。

P1260941_2

おみやげ物屋さんやスーパーを覗き、ショッピングタイム。denimmoneybag

途中、郵便局postofficeに寄り、

P1270023a

小笠原の世界遺産記念切手を購入。good

50円切手ですが、+40円が付加されていました。

P1270025

トイレ休憩に、ちょこっと町役場へ。happy02

役場の中で見つけましたよ、元巨人の小笠原選手のユニフォーム。

小笠原選手は、小笠原の観光親善大使だそうで、

このユニフォームは2000本安打達成記念のものだそうで、

スパイクやバットも展示されていました。shoe

P1270028   

バットはさわってもいいとのことでしたので、ちょっと拝借して・・・

P1270033a

旅では、こんな発見も楽しいものです!heart01

昼食は、島寿司で有名な「又丈(またじょう)」さんへ。riceballjapanesetea

小笠原はウミガメを食べる文化があり、

こちらのお店では、カメのにぎり寿司、カメの刺身、カメの煮物などを食べさせてくれます。

物珍しさも手伝って、おっかなびっくりいただきました。happy02

島寿司です。

P1270042

上がカメのにぎり、下は鰆のづけのにぎりです。

亀の肉は、色がきれいで、臭みもなく、

魚よりは少しコリコリ感がありますが、美味しかったですよ。delicious

山葵ではなく、島芥子が挟まっていて、これまた、乙な味でした。happy02

カメの刺身に・・・

P1270040

カメの煮物。

P1270041

小笠原でなければいただけない、珍味でした。smile

又丈のお店の気さくなご主人です。camera

P1270038_2

旅の楽しみは、地元の方との会話。sign03

カメの食文化についてもいろいろ話してくれました。sign01

小笠原では、昔は、カメは貴重なタンパク源だったのですね。 confident

食後、町中で買った、小笠原名物の品々です。moneybag

P1270568

上の左から「無人(ボニン)コーヒー」、cafe

「小笠原の塩」「贅沢島レモン(ゼリー)」。

下の左から、「パッションフルーツのゼリー」

「レモンカード(トーストやヨーグルトに)、

「ラム酒ゼリー」「薬膳島ラー油」です。shinelovely

小笠原は昔は無人島だったので、名前の頭に「無人」と付いているのが多いのです。

でも、読み方は「むじん」からなまって「ボニン」というそうです。

ですから、小笠原のきれいな青い海waveの色は、

「ボニンブルー」と呼ばれています。confident

又、日本で初めてコーヒーcafeの栽培が行われたのは、小笠原だそうですよ。

初めて知りました!happy02

この日は、午後は、オプショナルツアーに参加しましたが、これは次号で!

よく歩いたdenimフリー行動でした!

|
|

« 小笠原クルーズ その1 大荒れの出港 編 | トップページ | 小笠原クルーズ その3 小笠原固有植物観察ツアー 編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

博学たまちゃんまたまた教えてもらいました。ボニンコーヒーの言われ、早速友達に話して上げようと思います。
その2拝見し上手に明瞭に掲載されて楽しく感心・羨ましいな~~~~(^_-)-☆ 私も習って見ようかな~~(●^o^●)
友達にシュノーケルの件話し大笑いとなったのです(^v^)
今日は歯の検診に行き、スポーツクラブで体癒してきました。よく寝れるかな(-_-)zzz それではごきげんよう!

投稿: みどり | 2012年4月11日 (水) 22時12分

みどりさん、再訪問、有り難うございます。pc
楽しいフリータイムでしたね!confident
島寿司も初体験、カメのお刺身なんて、何だか可哀想ですが、食べるものがなかった島では、貴重なタンパク源だったのですね。coldsweats01
でも、捕獲量はしっかり守っていて、さすが、世界遺産の島!good

スポーツクラブで体を癒されたのですね。run
今夜はしっかり眠れますように・・・!sleepy
又の訪問、お待ちしています!good

投稿: おたま | 2012年4月11日 (水) 22時48分

かめのお寿司・・・っていうことは、生なんですよね?
ヨーロッパや中国でカメを食べるっていうのは聞いたことがありましたが、小笠原で食べられるんですね!
煮物は。。。すっぽんみたいなのかしら?
(◎´∀`)ノ

投稿: jun | 2012年4月14日 (土) 00時39分

junさん、東京、お疲れ様でした!airplane

カメのにぎりは、もちろん生ですよ!coldsweats01
そう言えば、スッポンって、食べますよね。
ということは、ウミガメを食べるのもありですよね!good
昔、京都で、スッポン料理を食べたこと、思い出しました!
スッポン料理の方が、高級化かも・・・delicious

投稿: おたま | 2012年4月14日 (土) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/54442602

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原クルーズ その2 フリー行動編:

« 小笠原クルーズ その1 大荒れの出港 編 | トップページ | 小笠原クルーズ その3 小笠原固有植物観察ツアー 編 »