« 小笠原から、ただいま! | トップページ | 小笠原クルーズ その2 フリー行動編 »

2012年4月 9日 (月)

小笠原クルーズ その1 大荒れの出港 編

「西オーストラリア・アジア楽園クルーズ」の報告も、

半分しかできていないのに、「小笠原クルーズ」に出発してしまいました。ship

でも、ホヤホヤの小笠原クルーズを、先に全部しちゃいますね。coldsweats01

何しろ、出発の前日から、天気予報は大荒れの予報を

繰り返していましたもの!typhoon

私は関西空港airplaneから、ベイシャトル(船)で、神戸空港に渡り(30分)、

それからポートライナーで神戸港へ行く予定でしたが、

前日から、ベイシャトルは早々と欠航。sweat01

予定より1時間早く家を出て、代替バスbusで高架の高速を神戸空港へ。

昼の1時を過ぎた頃から、大雨、大風!raintyphoon

バスbusが横揺れに揺れたりで、ちょっとした恐怖を味わいながら、

なんとか神戸空港に到着。bearing

海の近くを走っているポートライナーも、しばらく運休sleepyの後、

ところてん方式でゆっくり運航trainしながら、

ようやく神戸港へ無事到着しました。coldsweats01

でも、着いたら、船のスタッフから、

「出港時刻が遅くなります。」との連絡を。memo

結局、17時出港が、実際は、伸びに伸びて、21時20分でした。coldsweats02

新幹線bullettrainは止まるし、九州などからのお客様が30名以上、

結局、出港時刻に間に合いませんでした。wobbly

後で、船のクルーに聞いたところによると、ear

クルー達の対応も大変だったみたいです。bearing

間に合わなかったお客様の荷物を下ろす、

21時頃着いた50名ほどのお客様の夕食の手配、

その間のお客様との連絡や、陸地にいる社員との連絡等々・・・

4時間以上、出発が延びたのは致し方ありませんでした。think

お船も、最大限、遅れたお客様への配慮をされていたのですね。punch

ところで、気になったのは・・・coldsweats01

乗り遅れたお客様の乗船代はどうなったと思いますか?

不可抗力の自然災害typhoonですから、会社の責任ではないのですが・・・

これも後でわかったことですが、

本当なら当日キャンセルだと全額キャンセル料がかかりますが、

今回は、全額返却したそうです。moneybaghappy02

適切な処置ですね。good

きっと、次に、又、乗ってくださるでしょう!confident

ということで、3日は、てんやわんやの大騒ぎのなか、

パシフィック・ビーナス号は、小笠原の父島の二見湾を目指して、

4時間20分遅れで出港したのでした。sign04ship

出港のセレモニーもない、寂しい出港となり、

その夜は、大波waveのなか、

船体をたたくど~~んど~~んという波の音を子守歌に、休みました。sleepy

もちろん、しっかり酔い止め薬を飲んで!annoy

翌日の4日も1日中、船はよく揺れましたよ。sweat01

私は船の揺れにはお陰様でもうすっかり慣れていましたので

元気でしたが、初めてのお客様は大変だったようです。wobblysaddespairangrycoldsweats02cryingweep

船が悪いわけではないのですが、「船、よく揺れますねえ。」と、

クルーへの恨み節も多々あったような。bearing

船医さんのお話では、酔うのはかなりの部分、体質だそうで、

慣れるのが一番とのことでした。think

そんなこんなの中、5日、船はようやく小笠原の父島・二見湾に入りました。ship

パシフィック・ビーナス号は大きいので、

二見港の岸壁には着岸できません。wobbly

なので、二見湾に浮かんでいる下のようなブイに係留されます。sign04sign05sign04

島の人たちが船からのロープを受けるべく、

大きなブイの上で待っていてくれました。shadowgeminishadow

(このようなブイが3つあり、2つに係留されました。)

P1260910

二見湾の岸壁には、小笠原丸が着岸していました。

東京の竹島桟橋から週1回小笠原に入港する定期船です。ship

(大きさはパシフィック・ビーナス号の約3分の一かな)

P1260926

では、5日、6日と2日間、小笠原の父島に上陸した様子は、次号で!pc

P1260912

悪天候typhoonの中の航行、由良キャプテン、お疲れ様でした!confident

海の男、かっこいいでしょう!!!goodlovely

|
|

« 小笠原から、ただいま! | トップページ | 小笠原クルーズ その2 フリー行動編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

出発は難儀でしたね!。
乗り遅れた人に料金を払い戻ししてくれたとのこと、良心的ですね!。ほっとしました。
私は船に非常に弱いですが、48時間効くという酔い止めを飲んで乗船し大しけにあったことがありますが、
まったく酔いませんでした。
そうそう、海に生きる男達は頼もしいですよね。

投稿: ユメネル | 2012年4月 9日 (月) 23時40分

ユメネルさん、いつもコメント有り難うございます。happy01

今回のクルーズship、まれに見る出港となりましたが・・・coldsweats02
終わりよければすべて良し!goodlovely
楽しい旅になりました。ship

ところで、48時間効く酔い止め薬って、どんなものなの?sign02
凄いですね!punch
又、裏メールで教えてくださいね。loveletter
今後のために!good

いよいよ春ですね!

投稿: おたま | 2012年4月10日 (火) 09時15分

note神戸は、そうそう1時過ぎくらいから嵐typhoonでした
北野の坂道に建っているビルの1Fのテナントは浸水で
かなりの被害だった様子です。

でも、この船は台風に遭遇しても安心して乗船できます。
私も、かなり慣れましたというか・・クルーを信頼してます

また良い旅をしましょうねship

投稿: 林檎 | 2012年4月10日 (火) 16時11分

林檎さん、今晩は!fullmoon

今回のクルーズship、春には珍しい低気圧で、
まるで台風typhoon並みだったそうです。coldsweats02
レストランのIマネージャーも、
「こんなのは初めてかも?」っておっしゃっていました。think

でも、林檎さんのおっしゃるとおり、
クルー達もスタッフ達も、
それはよくやってくれていました。punch
前回の西オーストラリアクルーズでも、
台風typhoonを避けて、
適切に航行してくれました。dash
私も安心して乗ることが出来ます!happy01

又、船上でお会いしましょう!!!ship
いつもコメント有り難うございます。happy01

投稿: おたま | 2012年4月10日 (火) 22時27分

たまちゃんこんばんわ!メール有難う\(^o^)/
楽しいクルーズでした。たまちゃんの前向きな物知りで
そして私にとってはすごく可愛いらしいたまちゃん(^v^)
小笠原諸島クルーズはよい仲間に恵まれいろいろ教えてもらう事が多く向上しました。(-_-) ブログに乗せ方が良くわかりませんがとても上手で楽しく拝読しました。旅の思い出が懐かしく嬉しくこの様に出来るといいですね!!!
別でメールをいれますね!有難うございました。(*^_^*)

投稿: みどり | 2012年4月10日 (火) 23時52分

遅くなりましたけど、お帰りなさ~い
あの嵐の日に出発だったんですね。
陸にいるのも風が強くて大変な日だったのに。
無事に帰って来れてよかったhappy01

私は、新堂冬樹さんの本が好きなんですよ。
たまに大人向けの本もありますがねbleah
「ある愛の詩」って本にひかれました。
小笠原で、イルカとお話したりして楽しく生活して
いた青年が、島に遊びに来た子と恋におちて
東京に出て行くっていうような物語だったと思います。
小笠原の事が克明に書かれていたので憧れました。
だって、イルカとお話できるなんてメルヘンでしょ。

投稿: ねねばあちゃん | 2012年4月11日 (水) 00時05分

みどりちゃん、私の方こそ、とても楽しい旅になり嬉しかったです!happy01
面白いものですね、世界一周クルーズようなロングクルーズでは、お話しすることもなかったのに、今回のようなショートクルーズで、これだけ親しくなれるとは!lovely

又、早速ブログpcを読んでくださり、コメントくださり有り難うございます。happy02
これからも、コメントお待ちしていますね。sign04loveletter

では、この後もクルーズの様子、アップしますので、お楽しみください!notes

又、次回お会いできるのを楽しみにしています。ship

投稿: おたま | 2012年4月11日 (水) 11時29分

ねねばあちゃん、いつもコメント有り難うございます!sign03

新堂冬樹さんの本book、是非探してみます。eye
小笠原の様子がもっとわかるでしょうね。

又この後ブログにアップしますが、
今回は、イルカと一緒にシュノーケリングできたのですよ!wave
感激です!!!lovely
イルカは迷惑だったでしょうが・・・confident

投稿: おたま | 2012年4月11日 (水) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/54432710

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原クルーズ その1 大荒れの出港 編:

« 小笠原から、ただいま! | トップページ | 小笠原クルーズ その2 フリー行動編 »