« 京田辺・京都の旅① 一休寺編 | トップページ | 京田辺・京都の旅③ 八重の桜編 »

京田辺・京都の旅② 「レストラン ルスティク」編

一休寺を後にして、ランチrestaurantは京田辺市にある田舎風のレストラン「レストラン・ルスティク」へ!car

「ルスティク」というのは、フランス語で「ひなびた」とか「田舎の」という意味だそうで、周りには畑があり、近くに山藤が咲いた山が見渡せました。

http://restaurant-rustique.com/(レストラン・ルスティクのHPはこちら)

Photo

(この写真は、上のHPより拝借)

こんなのどかなレストランで、ランチをごちそうになりました。restaurantdelicious

内部は10名位ぐらいしか座れないような狭いレストランです。

P1330618

食前酒はソフトドリンク、素敵な名前のついたシェフ特製ドリンクです。

まずは、「バラの花園」(ラズベリーソース添え)

P1330620_2

「いちごシャンパン」

P1330621

そして「天使の初恋」…それぞれ違うドリンクをオーダーしましたよ。lovely

P1330622

コースのお料理でしたが、まずは、「シェフのおまけの前菜」から。wink

(名前、忘れた???)

P1330623

「旬のお野菜の彩り」

P1330624_3

「フォアグラのフラン」…フランとは茶碗蒸し見たいなもの。

P1330625

「前菜5種盛り合わせ」

P1330626

メインのお魚料理。(真鯛の何とか?…忘れた!)

P1330627

(Oさんご夫妻は「牛頬肉のポトフ」を・・・写真を撮るの忘れました。)

「デザート盛り合わせ」cakecafe

P1330628

そして最後に、シェフのおまけの「マカロン」が!eye

これは、一休寺納豆入りのマカロンで、甘みとしょっぱさが一体となった美味しいマカロンでした。smile

P1330629

京田辺のフランス料理、とても美味しくいただきました。

素敵なレストランでしたね、Oさん、ご馳走様でした。happy01heart04

この後、Oさんの車で京都市内へ向かいました。car

シェフが最後まで車を見送ってくれるような心遣いのレストランでした。lovely

|
|

« 京田辺・京都の旅① 一休寺編 | トップページ | 京田辺・京都の旅③ 八重の桜編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/57191016

この記事へのトラックバック一覧です: 京田辺・京都の旅② 「レストラン ルスティク」編:

« 京田辺・京都の旅① 一休寺編 | トップページ | 京田辺・京都の旅③ 八重の桜編 »