« 桜・お花見のはしご! | トップページ | 勝利の女神がほほ笑んだ! »

東京2日目 叔母を訪ねて思い出の旅編

東京にいる私の叔母は、今年92歳。confident

ご主人、一人息子に先立たれ、今は認知症でグループホームでお世話になっています。sign03

元気な時は、しゃきっとした人で、弱音は見せない気丈な人でした。annoy

私も中学生の頃から何回も叔母の家に遊びに行き、東京都内、ディズニーランド、日光など、いろんな所へ連れて行ってもらいました。train

5年前一度、グループホームに行った時も、私のことはわかってくれました。shine

でも、昔のことは覚えていますが、最近のことは認識していない状態でした。

今回横浜港shipへ入港して東京に行ったのも、叔母に会いに行くのも目的でした。

以前、叔母の認知症がわかった時書いた私のブログ、読み直してみました。pc

認知症は神様からの贈り物、今でもその思いは変わりません。think

http://otama-smile20081025.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-66eb.html

今回も叔母は、5年前と変わらず、寝込むこともなく自分の足で歩くことができていて安心しました。confident

私の顔を見るなり、「あんた、太ったな~」ですって。coldsweats01

叔母の中の私って、いったい何歳の頃の私なのでしょうか?happy02

その頃に戻りたいよ~(体重が!)weep

叔母のお世話をしてくださっているヘルパーさんのOさんと、記念撮影を。camera

P1330191a

話すのは昔の楽しかった元気な頃のこと。lovely

楽しかった頃の思い出を話す叔母は、いきいきとして、とても元気です。shine

人生の締めくくりを心穏やかに過ごせている叔母。

家族には恵まれなかったけれど、これも人生、これも神様の贈り物。confident

また来ますね、叔母さん。airplane

叔母と別れ、次に私が向かったのは、深大寺。car

実はここは、中学生の頃、叔母に初めて連れて行ってもらったお寺。

木々が生い茂り、うっそうとした小道を歩いたこと、深大寺そばを食べたこと、深大寺そばのつけ汁が黒くてからかったことを覚えていて、もう一度行ってみたいと、ず~~っと思っていた思い出の地なのです。confident

行ってみてびっくり、50年前とは、すっかり変わっていて、木々はすっかりなくなり、静かだった門前も、まるで京都の大原のようなにぎわいになっていました。bearing

P1330218

門前のお店の方に50年前の様子を聞いたら、お店の中に飾っている写真を見せてくださいました。camera

P1330203_2P1330204

今の深大寺の門前は…eye

P1330227

上の写真の「門前そば」屋さんは、今、こんなお店に!downwardleft

P1330217

こちらで、思い出の深大寺そばをいただきました。delicious

P1330224_2

子供の頃からいと思ったつけ汁、大人になった今はとても美味しく感じました。smile

現在の深大寺には、「鬼太郎茶屋」ができていましたよ。wink

P1330229

「ゲゲゲの鬼太郎」の作者の親戚の方が、こちらでお店を開いていたそうで、それでここに「鬼太郎茶屋」ができたそうですよ。good

時代ですねえ。coldsweats01

こうして、東京の2日目は、叔母との思い出をたどる懐かしい旅になりました。lovely

|
|

« 桜・お花見のはしご! | トップページ | 勝利の女神がほほ笑んだ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/57089336

この記事へのトラックバック一覧です: 東京2日目 叔母を訪ねて思い出の旅編:

« 桜・お花見のはしご! | トップページ | 勝利の女神がほほ笑んだ! »