« 世界で一つの傘だよ! | トップページ | 飛鳥Ⅱ「門司・日南花火大会クルーズ」④ 飫肥城下・散策編 »

2013年7月26日 (金)

飛鳥Ⅱ「門司・日南花火大会クルーズ」③ 門司・散策編

クルーズ2日目、朝、飛鳥Ⅱは福岡県の門司港に入港しました。ship

P1350383

朝早く起きて、船内をお散歩。denim

クルーが、船の中、いろんなところで仕事をしています。sign03

P1350393P1350415P1350416P1350520

有り難うございます!confident

飛鳥Ⅱは、関門橋をくぐり、門司港へ入港。

P1350451

門司港では、ゆるキャラたちがお出迎え!

P1350477P1350507

門司港の町は、前日、観光案内のボランティアの方がいるとの情報を得ていたので、お世話になることに。confident

P1350519

2時間、港近くの観光名所を案内してくださいました。shoe

源平合戦や宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘など、数々の歴史の舞台となった関門海峡の歴史を楽しく学べる 関門海峡ミュージアム。

P1350523_2

門司港駅 は、ただ今リニューアル中でしたが、1914年(大正3)にドイツ人技師の監修の元に建設されたネオ・ルネッサンス様式のモダンな駅舎。train

P1350549

囲み越しに少し見えました。eye

駅員さんの制服は、その時代のスタイルだそうです。t-shirt

P1350540P1350541

旧門司三井倶楽部 は、かのアインシュタイン夫妻も宿泊した国の重要文化財です。

P1350550

1912年(明治45年)に建築されたレンガ造り瓦屋根の建物は、旧門司税関

昭和初期まで使用されていました。sign01

P1350571

門司港レトロ展望台 に上ります。upwardright

P1350597

門司港の町が一望できました。wink

ブルーウィング門司 という名前の橋は…

P1350568

1日6回、音楽に合わせて跳ね上がる、日本で唯一の歩行者専用の跳ね橋。sign01

P1350581

門司港の飛鳥Ⅱが見えます。ship

P1350583

展望台からは、対岸の下関にある、安徳天皇をまつる赤間神宮

P1350590

フグ料理で有名な料亭 春汎楼が見えます。eye

最後に出光美術館を訪れ、出光興産の創始者・出光佐三氏の美術コレクションを鑑賞しました。lovely

P1350594

出光佐三氏は、今話題の本、「海賊と呼ばれた男」のモデルになっている人です。book

飛鳥Ⅱへの帰り道、ランチは山口県の川棚温泉名物の「瓦そば」をいただきました。delicious

P1350601P1350602

飛鳥Ⅱの停泊している岸壁では、門司港が発祥の「バナナのたたき売り」の実演が。banana

P1350611

この日も外はとても暑かった!sunsweat01

でも、門司の人たちの温かい歓迎を受けた楽しい一日になりました。lovely

夕刻、飛鳥Ⅱは、門司の人たちの温かい見送りを受けて、次の寄港地日南の油津港をめざして出航しました。ship

P1350617

|
|

« 世界で一つの傘だよ! | トップページ | 飛鳥Ⅱ「門司・日南花火大会クルーズ」④ 飫肥城下・散策編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/57869062

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥Ⅱ「門司・日南花火大会クルーズ」③ 門司・散策編:

« 世界で一つの傘だよ! | トップページ | 飛鳥Ⅱ「門司・日南花火大会クルーズ」④ 飫肥城下・散策編 »