« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

紙漉きで葉書づくり

先週の絵手紙教室は、世界で一つだけの葉書を作りました。

こんな紙漉きセットを使って…

P1430873

牛乳パックやキッチンペーパー、ティッシュペーパーや書き損じた画仙紙葉書などをシュレッダーで細かく粉砕。

P1430857

それを、水と少しの糊と一緒に、ミキサーで混ぜて・・・

P1430853

どろどろにしたものを上のセットに流し込み…

P1430854

P1430855

上から押して水を切り・・・

P1430856

そっと取り外し・・・

P1430859

クリアケースの上に載せて、天日で乾かしました。

P1430860

そうして出来上がりました、世界で一つだけの手漉き葉書、14枚完成!

P1430876

緑、ピンク、黄色に藤色の4色できました。

さ~~て、どんな絵手紙を描きましょうか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

102歳の現役医師

日野原重明先生を知っていますか?

102歳の現役医師なのですよ。

この29日、私の実家田辺市で、その日野原先生の講演があったので、87歳の母と行ってきました。

P1430866

1時間の講演でしたが、舞台に立ったままでお話になりました。

演題は「自分をどう耕し、どう生き甲斐をもって生きるか」でした。

先生は97歳から俳句を始めたそうです。

『百二歳 ゴールではなく 関所だよ』

だそうです。

58歳の時「よど号ハイジャック事件」に遭遇し、3泊4日、飛行機に拘束され、解放されたときに

『これからの自分の命は、与えられた命 !与えられた命ならこれからの命は誰かのためにささげよう』と思われたそうです。

心に触れた言葉はたくさんありました。

「ただ生きるだけではなく よりよく生きる」

「自分の心は 自分で耕すしかない」

「苦難に耐えることによって 成長する」

「新老人の会」を立ち上げ、日本各地の小学校で「命の教育」を実践しています。

「命とは、その人が持っている時間」

何歳になっても自分を耕すことを忘れないでいなければ!と、再認識し、エネルギーをもらって帰ってきました。

日野原先生関係のもの、いくつか参考にどうぞ!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%87%8E%E5%8E%9F%E9%87%8D%E6%98%8E

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=67320

https://ja-jp.facebook.com/shinrojin

紀南は今、桜が満開でした。

P1430870

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

素敵な贈り物

私のブログにも時々コメントをくださる船友のcocoさん。

先日、ご自身の手編みの「肩掛けケープ」を送ってくださいました。

P1430848

その模様、すごい!

P1430849

P1430850

一体どうしたら、こんな複雑な模様を編めるのかしら?

1段1段毛糸の色を変えながら編んでいるので、裏側にもは毛糸の糸が横に張られているので、まるで2重になっているようで、身に着けると、とても温かいのです。

cocoさんは、クルーズ中もよく編み物をなさっていて、私とは編み物を通じてのご縁です。

私は棒針初心者ですが、cocoさんは、自分で製図を書き、編むことができる達人です。

いつか私も、こんな風に編めるようになるかしら?

cocoさんの愛情もこもったケープ、とっても温かいです!

cocoさん、有難うございました。

大切に使わせていただきます!!!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ⑬

久しぶりのクルーズ紀行です。

ハワイのカウアイ島を出港したパシフィック・ビーナス号は、2月11日、マウイ島に入港しました。

朝7時の入港ですが、まだ日の出前でした。

P1410977

マウイ島は、ハワイ諸島2番目に大きな島で、18世紀にハワイ諸島を統一したカメハメハ大王が王朝の拠点とした島です。

ここではまる1日、「ラハイナ」の町を自由散策しました。

ラハイナの町はマウイ島の西海岸沿いに位置し、かつては、捕鯨の町として栄えたそうです。

海岸と並行して走るメインストリートに木造建築の建物が並びたつノスタルジックな雰囲気の町です。

入港したカフルイ港からバスで一時間、到着したメインストリート。

P1420050

歴史的な木造建築がたくさんあります。

下は、「リチャードハウス」と書かれていました。

P1420057

町の中には、ギャラリーがたくさんあり、そこに展示されている絵を見るだけでも美術館巡りをしているようでした。

この町から、有名な画家たちが大勢排出されているそうですよ。

P1420061

メインストリートから外れて、こんな小さな路地の店。

P1420072

ここにランチのテイクアウトのお店があったので、食べてみたいな~と思って見ていたら、その量が半端ではない!

とても食べきれないので、どうしようかと思っていらた、ちょうどスーパーマーケットを発見、サンドイッチと珈琲を買って、海岸沿いのベンチに座り、海を見ながらいただきました。

サンドイッチのハム、しょっぱかったよ。

P1420074_2

トラッキーちゃんとランチタイムをしていたら、偶然、船のツアー課のスタッフ

野田さんが通りかかり、記念撮影を!

P1420080

ビーチでは波乗りをしています。

P1420083P1420139 

アウトレッドモールの場所で引き返し、

P1420094

帰りのバス停乗り場へ。

その近くにはものすごく大きな、バイヤンツリーの木が!

P1420128

木の枝からは気根がいっぱい釣り下がっていました。

P1420118

樹の下の木陰、とっても涼しかった!

あまりの暑さだったので、氷が美味しかったよ。

P1420144

船は18時、ハワイ諸島最大の島、ハワイ島に向けて出航です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

雨の日のお散歩

今日は朝から雨です。

でも、新しく発見した喫茶店に行きたいので、出発しようと準備にかかったのですが、「あれ?歩数計がない!」。

「あっ、カントリーハウスのお手洗いではずして、忘れてきたんだ!」と思い出し、カントリーハウスに向かいました。

席に着くなり、お店の女性「これ、この間忘れていましたよ。」って、な、なんと私の歩数計を渡してくれました。

なんと、プロですねえ。

あれだけのお客様の中でも、しっかり覚えてくれていたなんて。

しかも、初めてのお客様だったのに、「すごい!」

感心しちゃいました。

で、今日のモーニングは「オムレツモーニング」。

写真撮ったのに、今見たら、なくなったいたよ?どうしたのかな???

さて、春はもうすぐそこに。

P1430838

桜のつぼみも膨らんできています。

P1430841

紅モクレンも花を開いてきています。

帰り道、朝6時から13時まで開いているパン屋さんに寄り道して・・・

P1430844

こんなパンをゲット。

P1430846

左下のパン、桜あんパンで、桜あんで、さくら餅が入っています。

春ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

今日のニットカフェ

今日のニットカフェ、まずはおやつから、こんなのでした。

P1430831

来月から消費税が8パーセントになるので、その前に、かぎ針セットとケースを購入しました。

P1430829

左がかぎ針ケース、右が8本のかぎ針セット。

ケースに入れると、持ち運びも便利です。

P1430830_2

2時間の教室内で編んだのが、ラッキーちゃんのセーターの後ろ身頃の半分。

P1430832_2

あともう1つ後ろ身頃を編まないといけないので、今まで頑張って編んでいましたが、夜になると黒色が見えにくくって、編み目を落としてしまい、あえなくギブアップ。

自分で、直せるかしら???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またまた見っけ!喫茶店

昨日も見つけちゃいましたよ、初めての喫茶店。

3日続きのウォーキング、車ではいつも通っている道なのに・・・

気が付かないものですね。

おしゃれな店ではありませんよ、昔からの地元密着型喫茶店でした。

店の前もこんな感じ。

P1430823

自転車がたくさん置かれています。

名前は、「カントリーハウス」、名前からして、地元密着型でしょう。

初めてはいる喫茶店って、ドアを開けるとき、ドキドキしちゃいます。

P1430821

漫画本の本棚がずら~り、部屋の中も、年季が入っていました。

昔懐かしのインベーダーゲームのようなゲーム機のテーブルもありましたよ。

ほとんどが、お仕事に行かれるような男の方で、お客様の入れ替わりも盛ん。

でもね、モーニングは、安くて、美味しかった!

P1430822

距離的にもちょうどいい所にあるので、また行きたくなっちゃった!

探せばあるものですね、喫茶店って!

ユキヤナギも、春を迎えました。

P1430824

道端のスミレを見つけました。

P1430827

春が顔をのぞかせてきましたよ。

P1430825

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

こんな喫茶店見つけたよ!

昨日は寒のぶり返しか、とても寒い日でしたので、こんな日はウォーキングは中止。

3連休の中日の今日は、春の陽気がポカポカ。

新しい喫茶店を探しに、モーニングウォーキングに出発。

(というのも、依然見つけてお気に入りだったモンスターハウスという喫茶店が、モーニングサービスをやめてしまっていたので。安くておいしくて、ウォーキングの距離もちょうどよかったのに、残念。)

そして見つけたのが、なんと、メガネ屋さんが喫茶店をやっている「グラスカフェ」。

P1430800

確か、まえは眼鏡屋さんだけだったのに!

中が見えないのでちょっぴり不安でしたが、勇気を出してドアを開けたら、笑顔で女性が出迎えてくれました。

P1430802

お店の内部も明るくていい雰囲気。

初めてなので、オーソドックスにこんなモーニングをいただきました。

P1430801

飲み物の値段に+100円で、いただけちゃいました。

〆て450円也、お味もよく、これならまた来たくなりました。

帰り道、温かい陽気の中、日向ぼっこをしている鳩をパチリ!

P1430804

白モクレンもふくらんできています。

P1430799

高校野球も始まり、春はもうすぐそこに来ていますね!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ ⑫ カウアイ島編 

2月10日アメリカ合衆国ハワイのカウアイ島ナウィリウィル港に入港。

P1410702_2

アメリカ合衆国は、入国審査がとても厳しい!!!

船での入国審査はほとんど船サイドが代行してくれますが、アメリカ合衆国は、一人ひとりの対面審査。

入国する岸壁では、審査官がすでに待機、船が接岸したらすぐに乗り込んできました。

P1410719

船内では、入国審査会場が特別に用意されています。

P1410722

全員無事合格し、ツアーへ出発!

私は「ワイルア川クルーズと聖地シダの洞窟」に参加、ボートに乗って前から行きたかったシダの洞窟へ!

P1410748

テレビ取材班も同行!

P1410743

ワイルア川では、カヤック乗りを楽しんでいる観光客もいます。

P1410763

到着したシダの洞窟、写真で見るよりシダが少なくて、イメージとは違っていましたが、この場所は、昔はハワイ王朝の王族の結婚式などが行われていた神聖な場所だとのこと。

P1410797

ナウィリウィリ港には、10万トンの豪華客船「グランドプリンセス号」が入港していました。

P1410904

帰船後、アメリカ合衆国の入国検査の要請で、急きょ避難訓練が実施されました。

実際に救命具を身に着けて、階段を歩いて登り、8階のボートデッキに全員が集まって点呼を受けるのですよ。

P1410886

アメリカ合衆国の国旗の前での夢の子たちの記念撮影。

フロントの藤本さんと。

P1410924

ホテルマネージャーの阿部さんもカメラで夢の子たちを写してくれ、パシフィック・ビーナス号のHPに載せてくださいました。

P1410925

船は、次のハワイの寄港地マウイ島に向けて出航しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

さくらウォーキング

夢友のさくらちゃんの要望により、昨日のウォーキングは、久しぶりに喫茶店は「桜珈琲」へ。

住吉神社の前を通り・・・

P1430774

ラナンキュラスを見つけて…

P1430775

南海電車の踏切を渡り…着いたのが、桜珈琲。

P1430776 P1430777

モーニングサービスは、こんなの!

P1430779

今日のバリスタは、お若い、笑顔の素敵な、こんな可愛い女性でした。

P1430780

帰り道で見つけた春は…菜の花に・・・

P1430781

しっかり丸まったキャベツ。

P1430784

コンビニを覗いたり…

P1430785

スーパーマーケットで買い物したり…

P1430786_2

川の中でたたずむサギや、かわいい置物に癒されながら帰ってきました。

P1430789

P1430788

約2時間半のお散歩でした。

隣のマンションの白モクレン、開花し始めていました。

P1430791

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ⑪ ボラボラ島編 その2

2月3日、ボラボラ島の午後、地元のボートでバイタベ港に上陸、バイタベの小さな町を散策しました。

P1410300

町のメインストリートですが…静かな小さな町です。

P1410305

この一本道をどんどん歩いていきました。

上の写真のとんがり帽子の建物は、こんな教会です。

P1410306

道端には、日本でもよく見かける無人販売所が。

P1410313

よく熟したバナナやマンゴーなど、買って食べたかったのですが…

P1410322

行きついた先は、やっぱりスーパーマーケット。

P1410324

タヒチの地ビール、「ヒナノビール」、タヒチ島のパペーテでは見つけられなかったのですが、ここで見つけました。

「ヒナノ」とは、タヒチの言葉で、「女の子」という意味だそうです。

缶の絵が、タヒチの女の子でしょう。

P1410326

実は私、このビールをぜひ買って帰りたくて、パペーテの町で探しまわったのですが、どうしても見つけられなくって、船の販売で買っていたのです。

船の中の価格で450円。(このスーパーでは、もう少し安かったのですが…忘れちゃいました。)

やっぱり、タヒチは物価が高いとつくづく思いましたよ。

P1410335

棚の上の缶の模様、さすがにタヒチ、ゴーギャンです。

この缶が欲しくって、買っちゃいました。

この日の夕食は、10階のスポーツデッキでのデッキディナー!

目の前にボラボラ島のシンボル「オテマヌ山」を見ながらの、沈む夕日を見ながらのブッフェでした。

P1410361_2

この日は節分、デッキーディナーの入り口では、レストランマネージャーの石井さんが、可愛い大きさの「恵方巻き」を手渡してくれました。

オテマヌ山の方を見ながら無言で、航海の無事を願いながらいただきました。

デッキーディナーの様子です。

P1410357

背景に見える山は、ボラボラ島の山、船は、サンゴ礁の湾内に停泊しています。

P1410358

バーベキューも船尾で焼かれています。

P1410359 P1410353

日が沈み、10階のデッキはこんな雰囲気です。

P1410372

実は、タヒチから次の寄港地のハワイまで、テレビの取材班が乗り込んできていました。

パシフィック・ビーナス号のクルーズの様子は、BSテレビで、4月に放映されるそうです。

P1410377

取材班のお二人、お話していたら、ディレクターさんが私と同じ和歌山の方だとわかり、私も各地でそれとなく取材されました。

P1410550

左が和歌山の方、ディレクターさんで、右がカメラマンの方です。

どんな編集になっているのか、今から楽しみです!

フラダンスも披露されて、タヒチ最後の夜はこうして更けていきました。

P1410376

船はこの後、ハワイはカウアイ島のナウィウィリ港に向けて出航しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

コンビニ・ウォーキング

昨日のウォーキングは、モーニング・ウォーキングではなく、コンビニ・ウォーキングになりました。

どうしてって!

実は、こんな記事を見つけたので、興味があってコンビニに行きたくなったのです。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=84&id=2804192&from=home&position=7

そう、ローソンの春の苺スィーツに興味をひかれて…

ウォーキングなので、遠回りの道を選んで。

途中、春を見つけながら…

カタバミの花が、太陽の日差しを受けて咲いていました。

P1430743

なずなも…

P1430744

道路沿いの公園に、久しぶりに行ってみました。

P1430745

あれ、いつもより、松の木が少なくなっているよ。

よく見ると、切り株があちこちに…

P1430747

あれまあ、たくさんの松の木が切り倒されている。

この季節になると、毎年、この松の木はサギの営巣地になっていて、下に糞をしていて、臭いがひどかったからかな?

鳥と人間の共存共栄って、難しいな~と、考えさせられました。

でも、松の木の上の方には、すでにサギの姿が。

P1430748

お尻を向けて、失礼しました。

道路をサギが、人を気にするでもなく、悠然と歩いていました。

P1430751

切り取られた松の木には、こんな植物がすんでいたよ。

P1430750

この花、去年、細ッチさんが名前を教えてくれたんだけれど…???

P1430756

もうすぐですね、春の高校野球、このグランドからも将来の高校球児が出るかしら???

P1430760

これは、こぶし???わかりません。

P1430764

関西空港連絡橋がかすんで見えています。

春霞? 花粉?? それともpm2.5かしら???

P1430762 

あっちにウロウロ、こっちにウロウロしながらようやくローソンへ到着して、スィーツ売り場でゲットしたのは「あまおうサンド」。

P1430765

上の5種類のスィーツはありません、なぜ?

今、読み返してみると、18日から発売だ!

しまった!!!

でも、この「あまおうサンド」もmixiのニュースで読んでいたものだったの。

どんな内容かというと、 「3.5個苺が入ったあまおうサンドって、本当?」 ということで、確かめたニュースだったんです。

調べたら、本当に3.5個、入っていたんだって。

お調子者の私、さっそく中身を点検しましたよ。

P1430766

1つのサンドの中を開くと、この通り。

2つあるので、合計3.5個、確かにありました。

お味は・・・甘さがちょうどよく、カスタードクリームがきいて、とても美味しいあまおうサンドでした。

今日は、姪っ子とランチなので、ウォーキングはお休みです。

ただ今、クルーズで減量した体重、少しずつではありますが下降線です。

明日は、さくらちゃんの要望通り、さくらウォーキングに行こうかしら?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

モーニング・ウォーキング再開!

天気予報が、昨日から春の陽気だと言っていたので、「さあ、モーニング・ウォーキング始めましょう!」と張り切って、始めましたよ。

もちろん、喫茶店のモーニングがお目当ての食い気がやる気を誘ったのでね。

久しぶりのこのモーニングサービス。

P1430725

美味しかった!!!

そして、帰り道は1駅ウォーキング。

春を見つけました。

P1430730

仏の座に・・・

P1430731

からし菜に・・・

P1430734

これって、こぶし?それとも、白モクレン???

P1430735

これは???

P1430738_2

ヒヨドリかな?

桜の木の枝に止まっています。

桜の花は、まだ蕾です。

P1430736

亀は石の上で日向ぼっこです。

P1430741

我が家の隣のマンションの庭の白モクレンは、つぼみが膨らみかけていますよ。

道路で見つけました、こんなきれいなのを…消火栓のふたです。

P1430726

さあ、では、これから2日目のウォーキングに行ってきます!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ⑩ ボラボラ島編 その①

古代ポリネシアの最高神タアロア神が地上で一番美しい楽園として作ったといわれる「ボラボラ島」。

「南太平洋の真珠」といわれているボラボラ島のバイタベ港に、2月3日入港しました。

(日本との時差は-19時間です。日本は4日になっているでしょう。)

節分ということで、船では福豆が用意されています。

P1410296

この日の午前中、私は「ブルーラグーンの休日~サメの餌付けとサンゴ礁」のツアーに参加しました。

パシフィック・ビーナス号は、ボラボラ島の沖に停泊しました。

ツアー参加者たちは、パシフィック・ビーナス号の4階から、こんなところに接岸したツアー船に乗り換えて出発です。

P1410292

8階のボートデッキから4階まで、つりさげられた乗り場なのですよ。

こうして見ると、すごいな~ってあらためて思います。

甲板部の方たちが、上陸前に、用意してくれるのですよ。

P1410202

私たちの乗ったボートに手を振ってくれて見送ってくれました。

乗り込んだボートのクルー、タヒチの男って感じでしょう。

P1410211P1410245

これって、ウクレレ?陽気に歌を歌ってくれました。

サメの餌付けは最初は見るだけだったのですが、 「入って来い!!」って、言ってくれて、急きょ、シュノーケリング。

サメ(このサメは、人には危害を加えない種類だそうです。)の写真は撮れませんでしたが、思いがけず、そこに、大きなエイもいっぱいやってきて、サメとエイと一緒に泳ぎましたよ。

P1410235 P1410238

エサをやるので、熱帯魚も集まってきました。

P1410254 P1410252 P1410256_2

海、透き通っているでしょう!

最初はサメやエイが 近づいてくると、さすがに大きいし、怖かったですが、

だんだん慣れてきて、エイにタッチもできました。

インストラクターの男性、エイを捕まえて、口の中にエサをやっていました。

慣れたものです、さすが!!!

P1410258

ボラボラ島の切り立ったオテマヌ山が見えます。

右下には、憧れの水上バンガロー。

P1410270

湾内に停泊したパシフィック・ビーナス号の優美な姿!

P1410276

半日のツアーでしたので、お昼は船に帰りランチをいただき、午後は「バイタベ」の町を散策しました。

この日のランチは…冷やしうどん!

P1410293

さすが日本船、外航船では、こうはいかないでしょね。

泳いだ後のおうどん、美味しかった!!!

次号は、「バイタベの町」散策です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

春と言えば…

春と言えば… 「さくら」 ⇒ 「さくら餅」

これは、昨日行った久しぶりの絵手紙教室の課題。

自分が春と言えば・・・から連想するものを持って行って描くのが、この日の絵手紙教室でした。

それで、私は「さくら餅」を買って持って行き、描きましたよ。

さくら餅と一緒に、お店で見つけた「三色団子」もね。

で、できた絵手紙は…

P1430715_3

描いた後は、お口の中に「パックん」・・・あ~美味しかった!!!

教室の皆さんが、春のお花をいっぱい持ってきてくださったので、描きました。

P1430719 P1430718 P1430721 P1430716 P1430722_3

教室の皆さんの作品もご覧くださいね。

P1430717

春は、もうすぐそこに来ていますね。

先日から絵文字が反映されないので、その原因を「niftyのサポート・ヘルプ欄」で検索したら、「Internet   Explorerを11に変更した影響」だとわかったので、「ツール」欄から「互換表示設定」に、私のブログのURLを入力したら、直りました。

私でも、やればできる(エヘン)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ⑨ タヒチ島・パペーテその②

タヒチ島・パペーテでは、ひたすら自由行動で、歩き回りました。

まずは、港の近くにある市場散策。

花屋に八百屋、魚屋にパン・ケーキ屋、お土産物屋に肉屋・バック屋と、ものすごい数のお店が入っています。

P1400871

南国らしいお花がいっぱい。

P1400845

私がお土産を買ったお店のエルビスさん。

P1400857

南国の果物、とっても甘いランブータン。

P1400878

カラフルな魚がいっぱい並んだ魚屋さん。

P1410091

パン屋さんのパンは山積みです。

P1410089

こちらも南国らしいバック屋さん。

P1400856

見ているだけで楽しい市場。

こんなドーナツ、買っちゃいました。

P1400958

次は市場の隣のショッピングセンター

P1400767

専門店が集まったところで、こちらではお店に方たちとの片言会話(?)を楽しみました。

P1400901

市外へ飛び出し、のどが乾いたら、ジューススタンドで青色のジュースを。

P1400918P1400920

お供のちゅん太も、のどが渇いちゃいましたよ、何せ30度超えの気温ですからね。

スーパーマーケットも見つけちゃいました。

レジの女の子、私の買ったものを持ってくれて、はい、チーズ!

P1410135

2日間かけて、パペーテの町を歩き回りました。

こちらがフランス領ポリネシア(タヒチ)の国旗です。

P1410147

船内では、夜、タヒチアンダンスショーが行われました。

男性は力強く、女性は艶めかしく。

P1400976P1410065

タヒチで感心したこと。

車は、横断歩道では、人がそばに立っていたら、手を挙げなくても当たり前のように絶対止まってくれます!

P1410077

日本も、見習わなければ、国際的に恥ずかしいですね。

でも、帰国したら、自分自身も横断歩道の意識が低いです、反省!!!

自由行動中に町で出会ったクルーたち。

オープンバーのウエイターの、左がポーラさん、右がジェシカさん。

P1410128

ビーチへ泳ぎに行くのだといって、タクシー乗り場でタクシーを待ちながらフランスパンサンドを食べていたのを発見、パチリ!

右が船医の穂坂先生と左がナース、まん中はこのクルーズで私がお世話になった大阪のNさん。

P1410106

さあいよいよ、船は、タヒチ最後の島『ボラボラ島』へ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

久しぶりの編み物教室

2か月ぶりの編み物教室でした。

今日のお菓子は、こんなの。

P1430709

で、もって、編んだのはこれ、ラッキーちゃんのピンクと黒の縦じまのセーターの後ろ身頃残り20段ほど。

P1430710

去年度中には出来上がっていたはずなのにね…トホホ…

増し目の仕方がわからなくなって、あえなくダウンしてそのままクルーズへ行っちゃいました。

時間がたつと、やり方すっかり忘れています。

これでは、いったいいつ出来上がることやら???

もう一つ、途中になっているラッキーちゃんのマフラー付帽子、まずはこれを先に仕上げます!

そうそう、お正月の福袋、先生に取り置きをお願いしていたのを、今日いただきました。

中身は、こんなの。

P1430712

本にメーカーの毛糸、これだけ入っていて1000円ですよ。

超お得です!!!

これで、棒針・かぎ針でニット帽を編むつもりです。

今年はこの毛糸で、1年楽しめそうです。

う~~ん、夏に毛糸を編むのは暑苦しそうですが、 まあ、いいか!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ⑧ タヒチ島パペーテ編その①

1月31日16時、タヒチ・モーレア島を出港したパシフフィック・ビーナス号は、1時間後には隣のタヒチ島・パペーテ港に入港しました。

パペーテはタヒチで一番大きな都市、今までの島々の素朴な風景とは違い、都会という感じでした。

P1400755

パペーテでは2日間の停泊。

夜は、港近くでやっている屋台のお店を覗きに行きました。

P1400825

広場の中央の舞台では、タヒチダンスを見ることができました。

P1400821P1400804 P1400803

豚の丸焼き風を出しているお店があったり・・・

P1400790

手作り小物屋さんがあったり…

P1400794

お店の数は数えきれません。

その中を歩き回っていたら、次々見つけちゃいました、船のクルーやスタッフたち。

船のクルーやスタッフたちも久しぶりの停泊地、皆さん屋台村でのお食事中、盛り上がっていますよ。

P1400787

お部屋の掃除をしてくれているフィリッピンのハウスキーパーさんたちや…

(彼女たち、とっても明るくて、いつも笑顔で接してくれます。)

P1400827

ソーシャルスタッフの佐野さんと美穂ちゃん。

何を食べているのかな?

P1400829

あれ、このメンバーは混成チームかな?

パーサーに、クルーズコーディネーターに???

さすが、若いので、食欲旺盛、楽しそう。

P1400831

こちらはいつもオプショナルツアーでお世話になっているツアー課の面々。

楽しいツアーを有難うございました。

シュノーケリング、おもいっきり楽しめました。

あれ、船長、こんなところで、チーフパーサーと。

P1400832

船長もチーフパーサーも、ひと時の休息ですね。

いつもお疲れ様です。

なんだか、屋台村で、「クルーを探せ」みたいに楽しませてもらいました。

そうそう、岸壁では、釣りを楽しんでいるクルーも発見しましたよ。

皆さん、それぞれ、つかの間の休憩、楽しまれたのですね。

P1400836

こうして、パペーテの1日目は静かに過ぎていきました。

ビーナス号もお休みなさい!!!

P1400839

(どうしてか原因不明、絵文字が反映されません。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

ちょっとお休み

クルーズ紀行が続いたので、今日は少し別のことを!

①クルーズから帰って来て驚いたこと

我が家のシクラメンの花、7つになって元気に咲いていたよ。

(クルーズ前は3つだったし、それに、留守中にきっと枯れるだろうな~って思っていたの。)

P1430679

留守中、姪が水やりしてくれたおかげだね。

②体重が減っていたよ!

クルーズから帰ってきて、体重を測ったら、な、なんと、減っていたよ、体重。

朝・昼・夜の3食のほかに、、時には、2時のケーキ・4時のサンドイッチ・・・またまた、朝食前のマフィンやパン、そして時には夜食までいただいたのにね。

でも、考えてみると、家にいるより運動量が多いんだよ。

朝・夕のヨガ合計70分、レストランに行くにも、お風呂に行くにも、ランドリーに行くにも長い距離を歩く。

寄港地でも自由散策で歩く。

船は揺れているので、歩くのも足を踏ん張って歩くのがいいのかな?

今、この体重を維持できるように、奮闘中!!!

          ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

さて話は変わりますが、今日、私が習っている編み物の先生のブログを見て、急きょ行ってきました「手作り作品 展示販売展」。

市民会館でやっているとの記事を発見、手作りバッグが半額との情報につられて…

ゲットしたバックは、これ。

P1430708

作りもしっかりしているし、内部にポケットがあり、使い勝手がよさそう。

色も私好み。

毎年、1回開催されているとのこと、知らなかったな~

開場前から、半額バックを目当ての人の行列がすごかったとの先生の弁。

先生も展示されていたので、こんなニット帽子を購入、まだまだこれから活躍しそうです。

P1430707

こちらが先生のブースです。

P1430702

ビーズ制作もなさっているので、 手前の動物たちのビーズ、可愛いでしょう。

クルーズ中お休みしていたニット教室、火曜日から再開です。

でもね、クルーズ中もニット編み頑張っていたのですよ、季節のエコたわし。

P1430684

全部で9個、できました。

船の作品展にも出しました。

P1430257

(今日も、絵文字、反映できない???)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ⑦ モーレア島自由散策編

モーレア島の午後、船でランチをいただいた後、テンダーボートに乗ってモーレア島桟橋に上陸。

P1400733

パシフィック・ビーナス号から、モーレア島の桟橋へ。

P1400734

こちらは地元の船に乗っている ビーナス号のお客様。

左前で手を振ってくれているのは、ビーナスドリーマーズのダンサー二人!

私の乗ったテンダーボートの陽気なタヒチの男たち。

P1400719

モーレア島に上陸したものの、今回は夕刻タヒチ島のパペーテに出発するので、時間があまりなく、結局桟橋付近のお土産物屋さんを覗いただけになってしまいましたが、地元の方たちとの会話、また、楽し!!!

P1400726

果物屋のおかみさん!

手の平には、、今回お供のちゅん太君!

P1400724

こちらで買ったのが、熟したフルーツのカップづめ。

このフルーツ、熟して、ものすごい甘さでした。

P1400737

貝でネックレスを作っていたおばあさん。

いい笑顔でしょう!

頭の花飾りも、とっても素敵。

タヒチの女性のドレスも、大胆な色遣いで目に楽し!

その上、皆さんとってもフレンドリー!!!

それにしてもタヒチの方々、男性も女性も、ものすごく体格がいいでしょう!

タヒチは、元フランス領ということで、フランスから来られた方も多いのですよ。

こちらの女性は、パレオの絵を描いている画家さん。

P1400735

日本の雑誌にも載ったのですって!

P1400736

こうした地元の方たちとの交流も、旅の楽しみです。

モーレア島の自由散策は、 地元の方たちとの ふれ合いを楽しんだひと時でした。

P1400722

桟橋に立っていたタヒチの守り神「テキィ」、私と体型が似ているって言われちゃいました。

なんだが、愛着、感じちゃいました。

この後パシフィック・ビーナス号はモーレア島を離れ、15㎞離れたタヒチ島のパペーテ港をめざし出航しました。

タヒチの貨幣、フレンチパシフィック・フランです。

国が違えば貨幣が違う。

P1400740

日本円と現地のお金の換金は、船のフロントでしてくれます。

一度換金した現地のお金は、余ったからといって、また日本円に換金するのは、なかなか難しいしまた目減りもするしで、使い切ってしまうようにしていますが、これがなかなかできにくい。

ほしいものがない場合もあるし、また、お金が足りないこともあるし…

クレジットカードは大きな都会やスーパーなどでしか使えないし…

海外での買い物は、こんなお金の苦労(楽しみかな?)もあるのです。

そして、余れば、いらないものを買ってしまって…

でも、これもまた楽しいことなのです!!!

では、次号はその日のうちに入港したタヒチ島のパペーテです。

(おかしい、今日もまた、絵文字が入らない!!!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ⑥ タヒチ・モーレア島編

1月31日、パシフィック・ビーナス号はフランス領ポリネシア(通称 タヒチ)のモーレア島 に入港しました。

タヒチでは、このモーレア島の他に、タヒチ島とボラボラ島の3つの島を訪れました。

最初に訪れたモーレア島は、画家のゴーギャンが「ヨーロッパの古城のようだ。」と称えた島です。

また、ミュージカル映画「南太平洋」の憧れの島、「バリハイ」のモデルになったことでも有名です。

船はクック湾の湾内深く進み、沖に停泊、私たち乗客はテンダーボートでの上陸となりました。

入港時の切り立った山々の景観は、「憧れのタヒチ」にふさわしいもので、その緑の山々は、目を奪われる美しさでした。

P1400713_2

湾内に停泊中のパシフィック・ビーナス号です。

切り立った岩の一部がいろいろなものに見えます。

これは、ピアノを弾いているゴリラだそうです。

P1400422

また、これは、人が上を見ているように見えませんか?

P1400423

モーレア島では、午前中「ドルフィンウォッチングとシュノーケリング」のツアーに参加。

ボートで遊覧しながらのイルカウォッチングを楽しみました。

ボートのクルーがイルカを探してくれています。

タヒチの男って感じでしょう!

P1400708

イルカ発見!

P1400660

人懐っこいイルカは、船体のそばを遊びながら泳ぎます。

P1400615 P1400601

できたら、海に入って、イルカと一緒に泳ぎたかったな~

イルカに別れを告げ、今度は浅瀬でのシュノーケリング。

海の水は透き通ったブルー、熱帯魚に癒されました。

P1400699

帰りのボートの中で、ボートのキャプテンが、 クジラとイルカの実物の歯を見せてくれました。

P1400712

クジラの歯、とっても大きいでしょう!

憧れの、いつかは泊まりたいと思っている「水上バンガロー」を遠くに見ながらパシフィック・ビーナス号に帰船しました。

P1400703 P1400704

水上バンガローは、ハネムーナーの憧れ。

バンガローから直接、海に入ることができるのですよ。

いいな~

船でランチをいただき、午後からは、 モーレア島の自由散策に出発しましたが、これは次号でね。

(どういうわけか、絵文字の入力ができません。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ⑤ フィジー編

現地時刻1月26日8時、パシフィックビーナス号はフィジーのビチレブ島・ラウトカ港に入港しました。

P1390889P1390906

岸壁にはお土産物屋さんのテントが並んでいます。!

P1390930

船内下船口の用意も始まりました。

P1390924

外出用の水のペットボトルも準備、オッケー!

P1390925

フィジーで私が参加したのは、 「ブルーラクーンの休日 帆船クルーズと無人島」 ツアーです。

もちろんシュノーケリングが目的ですが、今回はいつもと違って、乗り込んだ船は帆船。

帆船に乗るのは、初めての経験でした。

P1390937

これが私たちが乗った帆船、まだ帆は張られていませんが…

上陸したのは、こんな無人島。

P1390962

上空からの写真を、ビーナス号のブログからお借りしました。

Photo

この帆船のスタッフのサービス、今までで一番でした。

行きも帰りも食べ物が出るし、

P1390947P1400025

スパークリングワインに赤ワイン、コーヒーなどの飲み物も飲み放題。

もちろんバイキング式のランチがついていて、これがまたおいしく、ビールも飲み放題。

P1390996

見た目は悪いけれど、左下の緑色のバナナの完熟した味の美味しかったこと。

日本でいただくのとは、一味もふた味も上質でした。

食べ物の話が先になりましたが、島ではシュノーケリングをしたり、ハンモックに揺られたり、散歩をしたり、ビーチバレーをしたり、また、マッサージもできたりで、1日楽しく過ごしました。

P1390970
P1390972P1400009P1400004
 

この島は太平洋のど真ん中にあるので、マーシャル諸島やツバルのような環礁内とは違い、波や流れがあり、シュノーケリングをしているといつの間にか流されていました。

P1400058

船から見た日の入りです。

この夜のショータイムは、フィジーのポリスバンドの演奏。

ポリスバンドの名の通り、楽団員はみんな警察官。

体の大きさ・たくましさはさすが。

ブラスバンドの演奏の迫力もものすごい!

国際的にも有名なバンドだそうで、その演奏のすごさに、みんな大感激!

音が体に響いてきます!

P1400066P1400062

この女性のボーカル、ものすごくきれいでした!!!

P1400070

楽団員のはいているスカートのようなものは、「スル」とよばれるフィージーの正装で、警察官・国会議員・大統領も着用ているそうです。

ダンスまで披露してくれました。

P1400093

大阪にも演奏に来たことがあるそうで、最後に自分たちが作った歌を披露してくれ、「ウイ ラブ オオサカ マタ アイマショ」という日本語の歌詞には、皆さん、大拍手でした。

その後、船は、今回のクルーズの憧れの島 タヒチ に向かって出航しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ④ ツバル自由行動編

ツバルの首都フナフティの中心地までは、車とボートで地元の方が送ってくれました。

私は行きは車、帰りはボートで行こうと思いました。

行きの車は、こんな車。

地元の方の厚意ですね。

P1390670

車の中でも、こんな歓迎ムード。

P1390679

車は、フナフティのメインストリートを進みます。

P1390674

渋滞知らずののんびりした道ですよ。

市の中心地の広場の集会場では、歓迎の踊りが披露されました。

P1390692

由良船長と総督もその輪の中へ。

P1390712

私もちゃっかり踊りの中へ。

P1390721

パシフィックビーナス号の専属シンガー&ダンサーの「ビーナスドリーマーズ」のメンバーも、楽しそうに見学していました。

P1390693

左から、サラ(もしかするとローラ?)・マーチン・ジェイドとジェームスです。

メンバーはあと4名いますが、彼らとはこのクルーズ中すっかし仲良くなり、片言英語に磨きをかけました。

彼らのショーは、また後半部で紹介しますね。

ココナッツジュースやバナナの菓子など、いただいちゃいました。

P1390681P1390682

広場の近くに、ツバルの国際空港があります。

でも、飛行機が来るのは週1回。

ですからいつもは子供たちのサッカー場になったり、バイクが通ったり、人々が歩いたりという世界でも珍しい飛行場なのですって。

そこで私も、その滑走路に侵入、こんな写真を。

P1390708P1390705_2

滑走路を、バイクが通ります。

P1390709

また、ツバルは切手で有名な国。

集会場そばには郵便局の切手売り場が設けられていました。

P1390697

でも、やはり本局へ行かないとと思い、メインストリートを歩いていきました。

メインストリートとはいっても、ほとんど人は歩いていなくって…

P1390730

前を歩いているのは船のお客様でした…

P1390734P1390770

マンゴーにパパイヤも実り・・・

洗濯物干しも、ござをひろげて、その上に干すおおらかさ!

日差しが強く、気温が高いので、すぐに乾くのでしょうね。

歩いていても汗が流れます。

P1390735

も木陰でのんびりと。

P1390739

歩くこと20分あまり・・・ようやく見えてきました郵便局。

P1390741

入り口がわからず、探して入った内部は、こんな感じ、お客様はビーナスの方だけで、地元の人は誰もいない。

P1390743

でも、切手の種類を見て驚いた!!!

誰かわかるような有名人の切手がずら~~り。

P1390745


P1390764P1390756P1390746P1390749P1390748P1390762
P1390751
P1390747

そんな中に、なでしこジャパンと富士山の切手を発見。

P1390758P1390759_3

郵便局の職員の方たちの素敵な笑顔。

P1390765

マーシャル諸島の方たちと同じく、とても人なっつっくて、フレンドリーなツバルの方たちでした。

船への帰りは桟橋から地元の方のボートで。

ツバルの綺麗な青い空と海を満喫しながらの復路でしたよ。

P1390793_2P1390799

ビーナス号が桟橋からはみ出しているのがよくわかるでしょう!

P1390813P1390819

出航時も島の方たちが、最後まで手を振って見送ってくれていました。

P1390842

この素晴らしいツバルの島が、いつまでも残りますようにと祈らずにはおれませんでした。

船は、フィジーのラウトカ港へ向かいます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ③ ツバル入港編

地球温暖化が進むと、海に沈んでしまうかも?と心配されている国、

「ツバル」 。

2つ目の寄港地は、そのツバルです。

パシフィック・ビーナス号は、1月24日首都のフナフティ港に入港しました。

その入港風景がすごかった。

何がって!

実は、フナフティ港の岸壁は、長さが80メートルしかない。

パシフィック・ビーナス号は全長が180メートルを越している。

ここに船を接岸させるのは、船長の腕の見せ所。

入港予定の9時前から、11階のデッキでその様子をジ~~ッと見ていました。

船長もパイロットも真剣そのもの。

P1390618

こちらが接岸する岸壁。

P1390627

ゆっくりゆっくり、船は近づいていきます。

P1390635

11階と8階デッキでは、お客様もハラハラしながらその風景を見守っています。

P1390648

船から投げられた綱を、小舟が岸壁に係留しています。

P1390650

綱が岸壁にしっかりとつながれ、やれやれ。

P1390653

無事接岸できて、船長もホッとされたことでしょう!

http://www.venus-cruise.co.jp/mtos/cruise_log/2014/01/post-138.html

上のパシフィック・ビーナス号のブログ写真を見ると、岸壁からはみ出している船体がよくわかりますよ!

ツバルという国の国土は、上の写真のように幅の狭いサンゴ礁の島。

小舟が浮かんでいる海はサンゴ礁の環礁の中の内海で、上に見えているのが、大海原の太平洋。

高さ、わかりますか?

高い所でも5メートルですって!

これでは海に沈んでしまうかも?って心配なのがよくわかります。

聞くとみるとでは大違い。

海に沈むといっても海面が上昇するのではなく、ツバルはサンゴ礁の国土。

そのサンゴの土地は実は小さな穴があいているので、満潮になると土地の下から海水がしみ出してくるそうな。

そうなると、潮が引いても土地には塩分が残り、作物も育たなくなるとか。

実際自分の目で見て、その深刻さがよくわかりました。

温暖化防止に、小さなことからでも私たちにできることをしなければと、実感しましたよ。

P1390636

このような細長い土地が、上から見るとま~るく輪のようになっているのがツバル国の国土なのです。

入港前、まるでパシフィック・ビーナス号を歓迎するかのように、海の上に完全に半円の虹がかかりました。

P1390594

まあ、素人の小型デジカメ写真としては、まあまあいいかな?

(パシフィック・ビーナス号のブログの方がきれいだね。)

ツバルでも国を挙げての大歓迎。

岸壁では踊りのお出迎え。

P1390634

そのうえ、なっなんと、ツバル国の首相と総督までが、船を表敬訪問。

P1390659

左から、藤村機関長、由良船長、総督と首相、阿部ホテルマネージャーです。

ツバルはイギリスの自治領なので、総督はエリザベス女王が任命しているので、首相より偉いのですって、びっくり!!!

一国の首脳に直接会えるなんて、まあ、何度も体験できないでしょうね。

首相御一行は、その後、船のレストランで和食のランチを楽しまれました。

(詳しいメニューは、パシフィック・ビーナス号のブログで確認してね。

皆さん、とても気に入られたそうですよ、和食が!!!)

その折、こんなプレゼントをくださいました。

P1390824P1390827P1390873

ツバルはとても狭いので、歩いて観光できました。

その様子は、次号でね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ② マーシャル諸島共和国 マジュロ編

1月13日に横浜港を出港して、ようやく21日に初めての寄港地マーシャル諸島共和国の 「マジュロ」 に寄港しました。

マーシャル諸島での詳しい様子は、パシフィック・ビーナス号のブロを、まず読んでね。

http://www.venus-cruise.co.jp/mtos/cruise_log/2014/01/post-135.html

(私はこの中の 「ブルーラグーンの休日~マジュロの無人島編」のツアー に参加しました。集合写真の前列の向かって右側で、タオルでほっかむりしているのが私です。何せ、日差しが強いので日よけでして、決して泥棒さんではありませんよ。)

P1390287

船の5階ロビーには、寄港地の国旗が飾られます。

向かった先は、個人所有の無人島「エネコ島」。

マーシャル諸島では、島は国有ではなく、すべて、個人の所有だそうです。

途中、400万円で売りに出されている島がありましたよ。

ガイドさんが、「どなたか、買われませんか?」と言っていましたが、買ってどうしましょうかね。

P1390345

砂浜の目の前がサンゴ礁。

カラフルな熱帯魚に大感激です。

ボートで沖に出なくっても、こんな岸近くに、こんなに珊瑚と熱帯魚がいるなんて…手つかずの自然を満喫しました。

P1390341

島に上陸するのも、綱を引いて、手動で移動。

なんとのんびりしたことか!!!

P1390368

地元の方が、ヤシの木にのぼり、ヤシの実をとってくれました。

スルスルと木のぼり、さすがです。

P1390360P1390367

マジュロには日本の援助がたくさん入っています。

魚市場もそのうちの一つ。

無人島のシュノーケリングを楽しんで、帰船。

ランチをいただいた後、午後はマジュロの町をフリータイムで歩きました。

お供は、トラッキーちゃんです。

魚市場では、こんなカラフルな熱帯魚が!

P1390394

こちらでは日本から来られているjica(ジャイカ)の方にいろいろ教えていただきました。

P1390392

実はこの日のために、マジュロに来ている日本のjica(ジャイカ)の方たちがいろいろ準備をしてくださっていたそうです。

jicaについては下をクリック!!!

http://www.jica.go.jp/volunteer/

青年海外協力隊、シニアー海外ボランティアの方々です。

任期は2年で、約20名ほどの方がいるそうです。

P1390414

この女性たちも青年海外協力隊。

大和撫子、素晴らしい!

日本の未来も捨てたものではないですね。

この日1日のためだけに、この青色のTシャツ(Welcome Pacific Venus to the Republic of the Marshall Island)を作ったそうですよ。

有難うございました!

P1390417

私も、この年代なら、この仕事、してみたいな~

私たちのために、地元の方たちが、マーケットを開いてくださっていました。

P1390408P1390409P1390412

とても笑顔の素敵な、人懐っこい方たちでしたよ。

海外でこんな風に地元の方たちと触れ合うことができるのは、とても貴重な体験ですね。

地元の郵便局を見つけて飛び込んで、絵ハガキを買って、日本の友達に出しました。

P1390402P1390403

ポストカードを買ったのは、この郵便局員の方。

絵葉書を出したのは、この女性の方。

P1390404

こちらで出したエアーメール、かなりの日数がかかって、最初に出したにもかかわらず、着いたのは一番最後だったとか。

まあ、のんびりしたお国柄なのでしょうね。

こんなにのんびりと時間が流れ、きれいな空気の中で生活すると、心もおおらかになるでしょうね。

ある意味、うらやましかったです!!!

地元のスーパーマーケットものぞきましたが、本当にのんびりとした空気が流れていました。

P1390398

人気なのが、これだそうです、わかりますか!

P1390399

サッポロ一番のラーメンでした。

記念に1つ買ってきました、どんなお味かな?

P1390351

エネコ島で出会った家族、マーシャル諸島の人たちの優しさがはじけたような笑顔でした!

日本から行くのにとても時間がかかる遠い国、マーシャル諸島共和国、優しさに触れた貴重な体験でした。

次号は、温暖化が進めば海に沈んでしまうかもしれないといわれている国、   「ツバル」 です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »