« 春と言えば… | トップページ | モーニング・ウォーキング再開! »

2014年3月15日 (土)

憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ⑩ ボラボラ島編 その①

古代ポリネシアの最高神タアロア神が地上で一番美しい楽園として作ったといわれる「ボラボラ島」。ship

「南太平洋の真珠」といわれているボラボラ島のバイタベ港に、2月3日入港しました。ship

(日本との時差は-19時間です。日本は4日になっているでしょう。)

節分ということで、船では福豆が用意されています。wink

P1410296

この日の午前中、私は「ブルーラグーンの休日~サメの餌付けとサンゴ礁」のツアーに参加しました。wavepiscesfish

パシフィック・ビーナス号は、ボラボラ島の沖に停泊しました。ship

ツアー参加者たちは、パシフィック・ビーナス号の4階から、こんなところに接岸したツアー船に乗り換えて出発です。sign03

P1410292

8階のボートデッキから4階まで、つりさげられた乗り場なのですよ。coldsweats01

こうして見ると、すごいな~ってあらためて思います。happy02

甲板部の方たちが、上陸前に、用意してくれるのですよ。sign03

P1410202

私たちの乗ったボートに手を振ってくれて見送ってくれました。paper

乗り込んだボートのクルー、タヒチの男って感じでしょう。sign03

P1410211P1410245

これって、ウクレレ?陽気に歌を歌ってくれました。notenotes

サメの餌付けは最初は見るだけだったのですが、 「入って来い!!」って、言ってくれて、急きょ、シュノーケリング。happy02

サメ(このサメは、人には危害を加えない種類だそうです。)の写真は撮れませんでしたが、思いがけず、そこに、大きなエイもいっぱいやってきて、サメとエイと一緒に泳ぎましたよ。lovely

P1410235 P1410238

エサをやるので、熱帯魚も集まってきました。fishpisces

P1410254 P1410252 P1410256_2

海、透き通っているでしょう!happy02

最初はサメやエイが 近づいてくると、さすがに大きいし、怖かったですが、

だんだん慣れてきて、エイにタッチもできました。

インストラクターの男性、エイを捕まえて、口の中にエサをやっていました。fish

慣れたものです、さすが!!!sign03

P1410258

ボラボラ島の切り立ったオテマヌ山が見えます。

右下には、憧れの水上バンガロー。

P1410270

湾内に停泊したパシフィック・ビーナス号の優美な姿!ship

P1410276

半日のツアーでしたので、お昼は船に帰りランチをいただき、午後は「バイタベ」の町を散策しました。

この日のランチは…冷やしうどん!eye

P1410293

さすが日本船、外航船では、こうはいかないでしょね。lovely

泳いだ後のおうどん、美味しかった!!!smile

次号は、「バイタベの町」散策です。denim

|
|

« 春と言えば… | トップページ | モーニング・ウォーキング再開! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おうどん美味しそう(^o^)

て、笑われそうですね


海、すごく綺麗です
感動!!

投稿: ムー | 2014年3月15日 (土) 19時14分

ムーさん、海waveは抜けるような透明度、その海の美しさだけではなく、そこに生育している熱帯魚や海の生き物たち、この魅力にはまってしまいました。piscesfish
私にとっては、水の中が一番いい運動なのですよ。run
それに、水に浮いているのだけですから、年齢制限なし。
体を動かせる間は、続けたいな~happy02

おうどん、美味しかったですよ。noodle
日本人に生まれてよかった!って、思いますね。lovely
ロングクルーズでは、食事が最重要。sign03
洋食ばかりでは、私は生きていけないよ~~~(苦笑)crying

投稿: おたま | 2014年3月16日 (日) 08時35分

virgocherryblossomdoorupsunいいお天気だよ。おっはよ~☆いまさらだけどship大きいね。coldsweats02sign03甲板部の人たちが事前準備 こうした配慮がきっと リピーターを増やしているんだね。それにしても 毎回読んできて思うのですが かなりの人世の先輩方が多いいのにびっくり。その方たちが何度も乗船するぐらいなのだから ものすごい快適感を感じるんだろうな。confident今回のクルーは 映画に出てきそうな感じで たくましい 男の中の男scissorsって感じお姫様だっこなんてなんのそのって感じだね。confidentうくれれさんの男性も別の意味で包容力たっぷりhappy01notesたのしそう。エイとたわむれるおたまさん??あの?この写真どうやって?人世でそうそうエイや サメと一緒の写真ってないよね。coldsweats01 水上バンガローって 新婚旅行先でも大人気なんだって しってた? 素敵なところだよね。 仕上げは 冷やしうどんに てんぷらsmiledeliciousup あのひんやりしたもちもちっとした触感とのどごし最高だったんだね。 イカと大根の煮物まで 船内の食材倉庫も きっと凄いんだろうな。confidentnote 

投稿: さくら&てまり@ハートのおうち^v^pp | 2014年3月16日 (日) 08時49分

さくらちゃん、春休み、満喫していますか?schoolsleepy

そうなんです、楽しく快適なクルーズ生活は、このように裏で一生懸命お仕事をしてくれている方たちのおかげなんですよ。sign03
そんなクルーたちとの親交は、クルーズでのとても大切な要素なんです。heart04
長いクルーズだと、そんなふれ合いがとても心楽しく、温かで、きっと何度も乗るようになるのはそのせいかもしれませんね。lovely
私も、ビーナス号のクルーと再会できるのが楽しみの一つで乗っているみたいなものです。confident

ボラボラ島のシュノーケリングは、いままでの中でもトップクラスでした。scissors
熱帯魚には何度も出会えていますが、サメやエイと一緒に泳ぐなんて経験は、そうそうできませんものね。happy02
それにやっぱり海がきれいのひとことにつきますね。wave

日本人は、やっぱりご飯や麺類がないと、長期の食事は、だんだん飽きてくるでしょうね。coldsweats01
この船だと、メニューの7割程度が和食でご飯・おにぎりにうどん・そば・そうめん、お寿司に丼物、はたまた和菓子まで出てくるので、最高です。good
私には船を選ぶとき、まずは、食べなれた関西風の日本食があるかないかが大きな選択要因です。riceballnoodlesmile

さくらちゃん、新婚旅行に、タヒチの水上バンガローも候補に挙げておくのもいいかもね。lovely

投稿: おたま | 2014年3月16日 (日) 13時49分

さくらちゃん、忘れていました。
このシュノーケリングの写真は、すべて、船のツアー課のスタッフの方にお願いして撮ってもらったものです。camera
なかなか上手く撮ってくれているでしょう。good

投稿: おたま | 2014年3月16日 (日) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/59296713

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れのタヒチ・ハワイ・ブルーラグーンクルーズ⑩ ボラボラ島編 その①:

« 春と言えば… | トップページ | モーニング・ウォーキング再開! »