« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

勝利の女神になれなかったよ~(T_T)/~~~

昨日6月29日(日)、甲子園球場に阪神タイガース対中日ドラゴンズの試合を観戦に行きましたが…

結果は、惨敗、10-2、エース能見投手が1回に8点も奪われて・・・

私も友達も勝利の女神にはなれなかった!!!

でも、久しぶりの甲子園は、やっぱり緑の芝生がきれいで、素敵。

テレビで応援するのとは違う清々しさ。

電車を降りたら、そこはすでに阪神タイガースのファンでいっぱい。

P1460071

甲子園球場の外壁にもアイビー(蔦)が育っていました。

P1460079

こんなファンがそこかしこに・・・

P1460074

ワンちゃんまで、こうなんですよ。

P1460084

球場外では、ビアーガーデンも開催されていましたよ。

P1460085_2

球場に入ったら、グランドの整備中。

P1460086

その後、まず、ホームチームの阪神タイガースの選手が練習を。

まだこの頃はよかったな~

P1460087

ホーム付近の選手も…

P1460088

1塁の4番のゴメス選手も…

P1460089

3塁付近の選手も…(赤い腕は、けがから復帰した西岡選手、ボールを投げ終えたのは、ショートの鳥谷選手かな?)

P1460090_2

練習を終えて、「さ~、やるぞ!」っていう雰囲気のタイガースの選手たちですよ。

P1460094

タイガースのマスコットの「きい太君」も、前景気をあおって、大奮闘中です。

(きい太君、とっても可愛いでしょう。)

P1460105

負けじと、わがトラッキーちゃんも、応援に参加して…

P1460116

さあ、試合開始前の両監督による選手名簿の交換。

(背番号86番はタイガースの和田監督、相手は、中日の谷繁兼任監督)

P1460109

試合開始前には、タイガースの選手たちが、子供たちにサインボールのプレゼントを。

エースの能見投手も、サイン入りボールをプレゼントして…

この時、8点先取さえるのをまさか予想しなかったでしょう・・・。

P1460110

「スーパーベースボール」の放送席には、(たぶん)、福本さんと桧山さんが解説者として座っていましたよ。

P1460117

私の応援のエネルギーは、こちら。

P1460108

でもね、1回の表の能見投手は連打をあびて、8点も取られて…

ナインも心配して、マウンドに集まったりして激励しましたが…

P1460114

外野の応援団も、頑張れ!の熱いコールを送りましたが…

P1460120
P1460121

結果は、今朝の新聞、ご覧の通り!

P1460130

トラッキーちゃんの甲子園デビューは、残念な結果に終わりました。

P1460115

次回は、京セラドームで挽回します!!!

お留守番のラッキーちゃんとタイガ君には、こんなお土産を。

虎模様のカチューシャとタイガースのビーフカレー!

P1460131

敗けちゃったけれど、楽しい甲子園観戦でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

赤いラピートとクローバーの会

クローバーの会のランチは、今月は難波のお好み焼き「千房」。

行きの南海電車の泉佐野駅で乗り換えを待っていたら、なんと、やってきたラピートは期間限定の「赤いラピート」。

難波駅ー関西空港駅間の特急ラピートは、普通は青色!

P1460068

(この写真は、昨日甲子園に行くときの泉佐野駅で撮り、後から挿入しました。明日からは、この青色のみになります。)

でも、今だけ期間限定で、赤色のラピートが走っています。

乗ろうと思ったら、特急券は全席売り切れですって、なにしろ明後日で終わりだそうな!

P1460053

上の写真は泉佐野駅で撮ったのですが、帰りの難波駅でも遭遇し、先頭車両を写すことができました。

P1460067

この顔、「鉄人28号」に似ていませんか?

もうすぐお別れなので、大勢の人が写真をぱちぱちとっていて、大人気です。

やっぱり、期間限定っていうのがみそですね。

こちらも特急券は全席売り切れで、乗れませんでした。

クローバーの会の「千房」のお好み焼きは、こんなの!

相変わらず、美味しかったで~~す!

P1460061


P1460059


P1460058


P1460057

正午のデザートは、スイスホテルのラウンジで、アフタヌーンティを。

P1460064

さすがにお腹いっぱいで、今夜の夕食はパスかな???

明日は、甲子園へ、阪神ー中日戦を観戦に行きます。

雨、大丈夫かしら?

昨日は2-2に引き分け、今日は2-1で負けちゃった阪神タイガース、明日こそ、勝ちますように!

何せ、私と友達は、「勝利の女神」のはずなのですが…

トラッキーちゃんも一緒に応援に連れて行きます!!!

(タイガ君は、ちょっぴり重いので…)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

折り染めの絵手紙

折り染めで絵手紙を作りました。

和紙を折り重ねます。

Photo

顔彩を水で溶き、和紙にしみこませます。

P1460030

これを開くと、こんな風になります。

P1460031

これをアサガオやアジサイの花の形に手でちぎっていきます。

P1460042
P1460029

アサガオとアジサイの葉っぱも作り…

P1460041P1460040

手漉きの葉書の上に貼り付けました。

P1460036


P1460037


P1460038

爽やかな暑中見舞いができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

船友さんのニット作品

パシフィック・ビーナス号で知り合った船友のcocoさん、編み物、とってもお上手なんです。

以前にも、こんな肩掛けケープを送ってくださいました。

P1440202

今回はこんな作品を編みあげたそうで、写真を送ってくれました。

_

すごいでしょう。

私には、どんな風に編んでいるのか、全然わかりません。

メールにこんな説明を添えてくれていたのですが、・・・

毛糸だま」冬特大号に記載され、同じく材料も通販で
取得しました。但し製図は自分なりにアレンジしました。
編み地は裏メリヤス編みと(特殊糸)別糸の縁編みですが
ともかく編み目が解りにくく別糸の細編みとのバランスと
拾い目位置と目数の割り出しに苦慮し挫折しかかった作品
ですが何とか形になりました。(袖付はいい加減で粗が見え
にくいのが救いです)

私には理解できないものです。

とにかくすごいです。

自分で製図をするなんて、私には夢のようです。

cocoさん、素敵な作品を見せてくださって、有難うございます。

ヴォーグの作品もできたら、また見せてくださいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

命をつなぐハカラメの力!

我が家のハカラメ、ひ孫は大きくなりましたが、その母親は、緑色から、こんな姿に。

P1460026


P1460027


P1460028

母は自分の全養分を子孫に譲り、こうして命をつないでいくのですね。

感動です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

これ、どうしましょうか?

前回編んだ、リバーシブルのニット帽。

同じ製図を使って、違う糸で編み始めました。

福袋の中に入っていた糸なので、足りるかどうかわからないとは思っていたのですが…

やっぱり、1玉で、3分の一しか編めませんでした。

P1460017

右上の帽子も、紫の糸で、3分の2しか編めません。

右下の黒、3分の一編んでから、それならと、糸を変えて薄緑色の残りで編み始めたのですが…やはり、足りません!

残りの毛糸が、黒と白と薄緑色。

さ~て、これで、どんな配色をしたらいいかしら?

右下の黒と薄緑色の上に、白色を配色したら、まるで富士山みたいですね。

紫、黒、白、薄緑色の4色の毛糸、1玉で、3分の一編めるとしたら、どんな配色がいいかしら?

いい配色、教えてくれませんか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

こんな万歩計、有るんだよ!

P1460016

左の歩数計は、今、私が朝のお散歩のとき使ってるもの。

単純に、歩数だけを記録しています。

右の万歩計、「平成の伊能忠敬 万歩計」

夢の子学園のさくらちゃん&てまりちゃんの紹介なの。

アマゾンで購入したのですが、「歩いてつくろう日本地図」というゲーム感覚の万歩計。

実際の50倍の速さで、日本列島を海岸沿いに歩いていることになっていて、

日本地図の完成をめざします。

東京が出発点で北へ向かって行っていますが、私はあまり使っていないので、まだ千葉県あたりをウロウロしています。

今朝も、両方、身につけて歩きましたが…

歩数、絶対に同じにはならない!

どうして???

まあ、おおよそでいいか!

朝のお散歩のときだけしか身につけないので、いったいいつになったら日本地図が完成するのやら???

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

梅雨・爽やかな絵手紙

梅雨に入りましたが、こちらは意外と雨の日が少ないです。

そんな季節の絵手紙はさわやかな絵手紙です。

「たらし込み」という技法で描きました。

卵の卵白に墨汁を入れて水で薄めたもので、先に、絵を描きます。

あまり色はついていないほど薄いのですよ。

その上に顔彩の色をたらしこんで描く方法で、こんなのができました。

爽やかな感じ出ているかしら?

教室の友達が持ってきてくれた『水無月』という和菓子

描いた後で、「ご馳走様」、美味しかったです!!!

P1460008

この季節の花、「ドクダミ」

P1460010

先生のお手本をまねて描いた作品。

P1460005_3
P1460006P1460012

色がにじみあって偶然できる発色、こんなのも素敵です!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

ひ孫が育っているよ!

はからめの孫から、こんなにひ孫が育っているよ。

すごい生命力だねえ。

P1450996P1450998


こんな小さな葉からも、新しい生命が育つんだねえ。(左下のはからめ)

P1450997

でも、これからどうしましょうか?

どなたかお嫁にもらって~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

リバーシブルのニット帽

きらきらクルーズから帰ってきた翌日が、編み物教室でした。

頑張って行きましたよ、そして、帽子2つ完成!

前から編みかけていた福袋の毛糸で編んでいた帽子が2つも。

P1450968

表も裏も使えます! リバーシブルです!!!

下の帽子が表目、真ん中が二目ゴマ編み、上の帽子は裏目です。

教室のみんなの人気は、下の表目の方でしたが、その日の気分で選ぶの、楽しみです!!!

この日のおやつは…

P1450970

今、ラッキーちゃん仕様で、オレンジとピンクの縦じま模様の前身頃が2つできました。

上がピンク、下がオレンジ、写真だとわかりにくいですね?

P1450995

さあ、後ろ身頃を編み始めます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

姉妹二人旅・きらきらクルーズ⑥ 唐津編 その2

「時の太鼓」を後にして、唐津で次に向かったのは、「旧高取邸」。

P1450809

高取邸は、杵島炭鉱などの炭鉱主として知られる高取氏の邸宅です。

国指定重要文化財です。

P1450826

和風を基調としながら洋間も持ち、大広間には能舞台を設けるなどの独特の作りになっています。

地下にはワインセラーまでありました。

P1450819

ボランティアの方が、内部を詳しく案内してくれたので、杉戸や欄間等の意匠がよくわかりました。

石垣沿いの散策の小道を歩き、唐津城へ。

P1450833

天守閣に登るためのエレベーターがあったので、足も疲れて来たので、利用しました。

P1450835

このエレベーター、斜面に沿って斜めに登って行くのですよ、びっくりしました。

P1450836

天守閣が見えてきました。

天守の頂上から、唐津の町が一望です。

P1450839

パシフィック・ビーナス号も見えました。

P1450840

有名な「虹ノ松原」です。

緑色の湾曲しているのが、松林です。

P1450838

唐津城を後にして、唐津の町を歩いて、道路でこんなのも発見。

P1450850

「旧唐津銀行」の横を通り、商店街へ。

P1450852

商店街の中にある観光ガイドさんお勧めの「キャラバン」という佐賀牛のお店でランチをいただきましたが…

P1450854P1450861

ステーキとハンバーグをいただいたのですが…美味しくて…写真を撮るのを忘れてしまっていて、…気が付いたときは、こんなのしか・・・

P1450864

また行ってみたいお店でした。

港へ帰ったら、岸壁にお店が出ていました。

唐津のお酒を試飲したり・・・

P1450865

サザエのつぼ焼きをいただいたり…

P1450866

高校生が開発したお化粧品を購入したり…

P1450868

佐用姫のゆるキャラや高校生のブラスバンドに見送られて…

P1450871P1450872
P1450873

約15000歩以上あるいて楽しんだ、唐津の町を後にしました。

妹と二人、よく歩いた旅でした。

「大満足、また、年1回は行きたいな~」と妹。

こうして、翌日の夜、モザイク広場の観覧車に迎えられ、神戸港に帰ってきました。

P1450954

お天気にも恵まれたとても楽しい姉妹二人旅でした!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

姉妹二人旅・きらきらクルーズ⑤ 唐津編 その1

5月25日(日)、パシフィック・ビーナス号は、佐賀県唐津港に入港。

P1450742

新キャプテン、頑張っています!

到着後、船内で唐津市の歓迎セレモニーが。

唐津市のゆるキャラ「唐わんくん」も歓迎してくれましたよ。

P1450747

地元のテレビ局も取材に来ていました。

P1450755

港から唐津駅までシャトルバスで。

姉妹二人旅の自由散策の始まりです。

さすが唐津焼の町、駅前には唐津焼で作られた大きな唐津焼の赤獅子像が。

P1450759_2

小京都と言われる唐津は、唐津城を中心にした静かな城下町で、地図を片手の散策を堪能しました。

市内の観光名所「曳山展示場」「旧高取邸」「唐津城」の3か所の共通券を購入し、いざ、出発。(とはいっても、妹だけで、障害者手帳をいただいている私は、無料でした。有難うございます。)

唐津駅からのんびりペースで、街並みの雰囲気を味わいながら歩き、最初に到着したのが、「唐津神社」と、唐津くんちの曳山を展示している「「曳山展示場」。

P1450783

曳山展示場内には、唐津くんちで使われる本物の曳山が展示されています。

P1450776P1450773

武田信玄と上杉謙信のかぶとが、仲よく並んで展示されていました!

P1450778

本番は、11月2日~4日、一度行ってみたいな~

修理されている曳山があるという情報を得たので、行ってみました。

「西の門館」です。

P1450786

この中で、修理されていましたが…

P1450787

実はこれ、和紙を何重にも重ねて作られているそうで、昔の修理中にはがされた実物が展示されていました。

ものすごい和紙の数ですね。

P1450788

唐津焼釜元の作品も展示されていました。

P1450790

唐津焼は、渋みがありシックなものが多いのですが、中に一つだけ、明るい色の湯のみが私の目を引き、思わず買っちゃいました。

P1450993

今、家で、お茶ではなく、コーヒーを美味しくいただいていますよ。

そこを出て歩いていると、趣のある建物を発見。

「埋門ノ館」と書かれています。

P1450794

どんな歴史的な建物かな?ッと、思ってい入ってみたら、なんと、唐津市の公民館でした。

どこの町でもあるような箱型のコンクリートではなく、このような建造物にしたそうですよ。

街並みにしっとりとなじんでいました。

中には、能舞台の間まで作られていました。

P1450795

係の方は公務員さん、この日は日曜日でしたが開いていて、翌日の月曜日がお休みだそうです。

P1450796

自由散策していると、観光案内には載っていないこんなところを発見できるのも楽しみの一つですね。

外に出てみると、こんなものが目に入ってきました。

P1450799

「時の太鼓」だそうで、ちょうどの時刻になると、カラクニ人形が出てきて太鼓をたたき、時刻を告げるそうです。

もうすぐ11時、「ラッキー!」、さっそく見に行ってみました。

そしたら11時になると時計が開き、からくり人形が出てきて、「ド~~ン、ド~~ン」と時をつげました。

P1450800P1450801P1450803

二の門堀のそばを歩きながら、「旧高取邸」の向かいましたが、そこからは次の号でね。

P1450804_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

姉妹二人旅・きらきらクルーズ④ 長崎編 その2

前回のここは、「端島(はしま)」、通称『軍艦島』です!

P1450543

傘の場さん、さくらちゃん、大正解!

お二人とも上陸されたことがあるのかな?

さて、長崎の午後は、この「軍艦島」クルーズに出発。

実は、このクルーズは、パシフィック・ビーナス号のツアーデスクの日高さんに教わったの。

「予約しないとダメなので、、電波の届く長崎沖を通る時、電話してみたら?」って教わったので、5月24日(土)の長崎入港前に携帯から電話したの。

そしたら、係の方が「あと2名で満席でしたよ。」って、ものすごくラッキーに予約できたの。

これも、ラッキーちゃんのおかげかな!

当日は、団体予約もあって、130名の満席。

中は、席に座れないことを条件のお客様もいたよ。

軍艦島の歴史は、下のHPで読んでね。

http://www.gunkanjima-concierge.com/about/index.html

下は、私が参加したツアーだよ。

http://www.gunkanjima-concierge.com/

日本の近代化のエネルギー、石炭の採掘場だった島で、1974年に閉山、今、世界遺産登録要請をしているんですって。

こんなツアー船で乗ること約30分、軍艦島に上陸し、72歳のガイドさんから、見学場所の説明を受けました。

P1450529

P1450566

でも、どの写真がどこだったのか?写真を見てもよく覚えていないよ~~~

今は廃墟となったかつての近代的な社宅や、遊技場など。

写真から、想像してね。

P1450556P1450574P1450569P1450588P1450629P1450618

軍艦島と呼ばれているのは、遠くから見た島の姿が、軍艦に似ているからだとか。

P1450640

日本の近代化を支えてくれた大勢の方の血と汗と涙を感じさせられる見学でしたよ。

P1450582

炭鉱から仕事を終えて出てきた人の顔は、石炭の粉で真っ黒で、奥さんが自分のご主人を見分けることができなかったのですって!

この日は、本当にお天気がよく、波も静かで、上陸するのには絶好だったそうです。

波の高い日だと、ツアー船が近づくことができなくて、上陸できない日もあるのですって!

「皆さんは、日頃の行いがいいのですね!」って、ガイドさんの弁でした。

そうそう、この島は、イギリスの映画、「007 スカイファール」のロケ地のモデルになった島だそうです。

イギリスから、ロケハンが来たのですが、撮影するにはあまりにも危険だということで、イギリスでこちらをモデルにしたセットを組んだそうですよ。

やることが、すごいね、007は!!!

P1450679

帰ってきてからツアー船の待合室で、こんなポスターと模型を発見。

P1450681


P1450680

あらためて、この島の価値に気づきました。

きっと、いずれは、世界遺産に登録されるでしょうね。

この夜のショーは、長崎ということで「蝶々さん」のオペラのハイライト版。

P1450707

きらきらクルーズ第2夜、長崎の夜景を見ながら、船は唐津港に向けて出港です。

P1450712P1450710

こちらでも、由良キャプテンは、腕組みして、新キャプテンを見守っていました。

お疲れ様です!!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »