« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

クルーズから帰っての日々・あれこれ

7月も、今日が最後の日。sign03

それにしても、毎日暑いですね。suncoldsweats02

クルーズから帰ってからの様子を、アットランダムにアップしてみますね。pc

編み物教室では、福袋の毛糸で手袋の続きを編み…happy01

P1470510_3

絵手紙教室では、スポンジはんこで、暑中見舞いを作成!good

P1470518_3

クローバーの会で、仲良し4人組とおいしい会食。smile

P1470525_2

ABCラジオ放送とヤマザキパンのコレボでできたタイガースパンを発見eyesign03

P1470528_2P1470530_2

船友さんのお誘いで「関西演芸推進協議会」のパーティーに参加して、船友さんと旧交を温めたり…ship

P1470537_2

近くにできたパンケーキの喫茶店を発見したり…eyecafe


P1470554_2

まあ、おかげさまで、この暑い中、忙しく過ごしています。happy02goodlovely

皆様、この暑さです、くれぐれもご自愛くださいね。sweat01

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

ロシア探求の旅⑥ フラワーハイキング編

7月10日、このクルーズ一番の私の楽しみの「アバチャ山トレッキングと高山植物観察」ツアーに出発です。dash

アバチャ山へは、片道約2時間(トイレ休憩なし)かけて、6輪駆動車での移動です。rvcar

出発前から、ツアーのオリエンテーションや前に行かれたゲストの方たちから、

「トイレはないよ。道はガタガタで、体が座席から飛び上がるよ。」

「ほこりがすごいよ。蚊がいっぱいいるよ。」

「天気が悪いと、ものすごく寒いよ。」

といろいろ脅されていましたが…bearing

この日はとてもいいお天気で、寒いと困るのでリュックの中にはズボン1本と上着3枚用意していったのですが…初夏の爽やかな最高の陽気の日でした。sun

参加者のみなさん、みんな日ごろの行いがよかったのですね。good

アバチャ山(2678m)は、本当に富士山と同じ形ですよ。fuji

P1470009

トイレも心配なくて、この写真の木の陰ですることができましたよ。coldsweats01

とっても大らか!happy01

こんな6輪駆動に乗って約2時間。rvcar

P1470038

確かに道は火山灰の埃がすごかったですが…でも、大丈夫でしたよ。good

P1470019

雪がこんなに残っているところもあります。snow

アバチャ山とコリャーク山の間、標高895mのところにあるベースキャンプに到着。sign03

P1470034

まずは、ベースキャンプで早めの昼食、あまり期待していなかったのですが…外れました。美味しかった!smile

きっと周りの空気も美味しさの味付けの一部なのかしら?delicious

P1470056

メニューはやっぱりロシア料理のボルシチ。

P1470058P1470061

日本人向けなのかしら?、ライス付き、おかずは鮭の塩焼き、身がホコホコで、こちらも美味。delicious

ベースキャンプの近くでは、こんな動物も、きつねです、上手く写真にはいってくれました。camera

P1470054

さあ、いよいよフラワーハイキングに出発。dash

ゆっくり、なだらかな斜面の道を歩きながら、フラワーガイドさんの案内で2時間余り、高原の花々とご対面!eye

P1470170

黄色い帽子の女性が、フラワーガイドさん。

日本語でお花の名前をいっぱい教えてくださいましたが、覚えるのは無理、

写真におさめました。camera

P1470166

P1470164

P1470149

P1470120

P1470077

唯一名前を覚えたのが、有名な「アツモリソウ」です。happy01

P1470123

周りの山々はこんな雰囲気、空はあくまでも澄みわたっています。lovely

P1470168

残雪の上では、スキーを楽しんでいる人たちが!

上半身裸の人や半袖の姿の人もいましたよ。t-shirt

P1470051

そうそう、可愛いリスさんが歓迎してくれました!heart04

P1470141

ビスケットをもらって、もぐもぐ食べていました。delicious

人を見ても、全然逃げないの!happy02

P1470176

2時間余りのフラワーハイキング、ここがゴールです。shine

澄みきった空気を思いっきり吸い込んで下山しました。downwardright

お世話になったロシア人のガイドさんたち。wink

P1470052P1470135P1470179P1470001

右の彼女は、芳紀19歳の大学生です、日本語が上手!good

左の彼は、まだまだ日本語勉強中、私が先生になって、少しレクチャーしましたよ、えへん!!!wink

皆さん、お世話になりました。happy01

また行きたいな~、フラワーハイキング。denim

私の足も、このトレッキングに付いて行けるまで、力がついてきています。punch

これが何よりも、嬉しかった!heart02lovely

P1470182

沖にはパシフィック・ビーナス号が私たちの帰りを待っていてくれました。ship

さあ、これからがキャプテン以下クルーたちは大変でした。coldsweats02

台風8号typhoonが、帰りのコースに、北海道の苫小牧港に近づいてきていたのです。

キャプテンはどうするのでしょうか?coldsweats02

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年7月28日 (月)

ロシア探求の旅⑤ 親切なロシア人編

7月9日16時30分、カムチャッカ半島のペテロパブロフスク・カムチャッキー港に入港した後、その日は、自由時間。ship

カムチャッカ半島は長く閉鎖されていた地域ですので、そのお蔭で、手つかずの自然が多く残っています。fuji

日本と同じくらいの面積に、414の氷河と160の火山fujiがあり、1996年に「カムチャッカ火山群」として世界自然遺産に登録されています。lovely

テンダーボートで上陸し…

P1460932

船で仲良しになった写真家の香里ちゃんと一緒に、地元のスーパーマーケットへ、ゴー!denim

事前にツアーデスクで地図と写真をもらっていましたが…think

道々二人とも写真を撮りながらcamera・・・バス停です。bus

P1460936

○○湖?(名前忘れちゃいました。)coldsweats01

P1460939
P1460943

ようやく近くまで来たのですが…denim

P1460944

肝心のスーパーマーケットが見つかりません。coldsweats02

仕方なく、通りかかったロシア紳士に写真を見せながら、身振り手振りで聞いたら(何せ、ロシア語なんて、全然わかりませんものね。)、最初は言葉でなにやかやと言われていたのですが、私たちがわからないようなので、一緒に行こう!goodって身振りで言われたので、ついて行ったら、見えてきました、スーパーマーケット!eye

P1460949

わざわざ元来た道を引き返して親切に案内してくれたロシアの紳士です。

有難うございました。heart04

P1460948

ロシア料理のお味といい、親切なロシア紳士に巡り会えたことといい、私のロシアに対して持っていたイメージは、急上昇のアップ。up

サハリンやカムチャッカ半島はロシアとはいっても、極東の端。

アジアに近く、共通した親しみを感じました。heart01

そしてようやくたどり着いたスーパーマーケット内でも、またまた親切なロシアの女性に巡り合いました。confident

P1460954

チョコレート売り場で物色していたら、後ろから「すみません。」という日本語が。

びっくりして、お船のお客様かな?と振り返ったら、ロシアの高齢の女性が。happy02

「このチョコレートがいい!」とわざわざ教えてくださいました。sign03

P1460963

どれにしようか?と悩んでいる私を見て、親切に教えてくださったのですね。

しかも日本語で!!!まさか、ロシアの街中で、日本語を聞くなんて。lovely

私は、おぼえている3つのロシア語の一つ「スパシーバ!」(有難う!)を何度も言いましたよ。happy01

国のイメージって、テレビや新聞などからの情報でついつい持ってしまうものですが、一人一人はとても親切な人たちなのですね。heart02

私も外国の方にあったら、少しでもお役にたてるようにしなくっちゃ!!!shine

さて、船友の香里ちゃん、さすがに旅慣れていらっしゃる。good

ロシアのお惣菜をたくさん買ってきて、私にご馳走してくれました。

というのも、その日は二人とも夕食も食べずに上陸してしまったものですから・・・夕食ということで…こんなご馳走ですよ。eye

P1460984
P1460986
P1460987
P1460988
P1460989P1460991

少しずつ分けていただいた「たまちゃん弁当」の出来上がり、トラッキーちゃんと一緒に「いただきま~~す!」。smile

P1460992

とっても美味しいロシア弁当でした。delicious

香里ちゃん、ご馳走様でした。happy01

P1460981

スーパーマーケットの帰りは最終のテンダーボートにようやく間に合い、沖に浮かんでいるパシフィック・ビーナス号に帰船。ship

左で手を挙げて迎えてくれたのは、船友のけいこちゃん。

最終テンダーボートは、私と香里ちゃん、そして、けいこちゃんご夫婦の4人だけ、そのお世話のしてくださったクルーは10人以上。

お世話になりました。lovely

その日は、さすがにたまちゃん弁当ではお腹がすいたので、初めて夜食をいただきました。smile

にぎやかなレストランも、夜食時は、こんなに静か。sign01

P1460996

サンドイッチに、カニ雑炊とおにぎり・・・変な取り合わせですが…delicious

P1460998P1460995_2

さあ、明日は楽しみの「アバチャ山フラワーハイキング」です。clovercherryblossomshoe

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年7月23日 (水)

ロシア探求の旅④ カムチャッカ半島・フィヨルド編

千島列島からカムチャッカ半島へ、船は進みました。ship

9日、カムチャッカ半島のフィヨルドの航行でした。shipsign05ship

P1460835

松井副キャプテンの説明によると…こんな航路を進んだそうです。eye

P1460569

ルースカヤフィヨルドやビルチンスカ湾などを進んだそうですが…

(下の写真の右下はシャチ・オルカ! 航行中、シャチはいっぱい見ることができました。あの白い目のような部分も、くっきり見えましたが、写真は…無理でした。)cameracoldsweats01

P1460577
P1460584

フィヨルド航行中の私の写真は、どこを撮ったのか、全然わかりません。coldsweats02

海に浮かんでいるの黒いのは、たぶん、ラッコだとは思うのですが…何分遠くなので…こんな感じbearing

P1460841

午前中は、こんな風な霧でしたが…mist

P1460849

午後からは霧も晴れて…こんな風な峡谷が目の前に。happy02

P1460865_2P1460879P1460868P1460885

この日は、海上の風も弱く、素晴らしいフィヨルドの風景を楽しめました。lovely

そして船は、カムチャッカ半島にある港「ペトロパブロフスク・カムチャッキー」(なんて長い名前でしょう。なかなか覚えることはできませんでした。)に近づいていきました。ship

ペトロパブロフスク・カムチャッキー港の入り口には、3つの岩が立っていて「スリー・シスターズ」と呼ばれています。wink

P1460906

湾の奥には、明日登ぼる予定の「アバチャ山」がそびえています。

本当に富士山のような山がいっぱいです!fuji

P1460916

美しい風景に、休憩中のクルーもデッキに出て楽しんでいますよ。lovely

P1460887

この日の4時のサンドイッチタイムは、ロシアのピロシキ・お菓子とロシアンティ。

P1460900

このクルーズで仲良くなったエンタティナーのウクライナ生まれのバンドゥーラ奏者のカテリーナさん(真ん中)、ピアニストの加畑嶺さん(左)、「マッスル・ミュージカルNEO」のメンバー(右)と記念撮影です。

P1460904

船の外では、夕方からペトロパブロフスク・カムチャッキー上陸のために、テンダーボートの準備が進められていますよ。(4階出口、8階デッキより写す。)

P1460922

さあ、いよいよ夕刻上陸開始、スーパーマーケット探索の自由行動です。denimpunchdash

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年7月20日 (日)

ロシア探求の旅③ 千島列島航行編

サハリンのコルサコフ港を出港したパシフィック・ビーナス号は一路カムチャッカ半島に向けて出港、7月8日は、1日中、千島列島沖を航行しました。ship

千島列島は、火山の噴火でできた島々が連なっています。

朝の4時半から、夜の10時ごろまで、デッキから海に突き出た島々を堪能しました。happy01eye

P1460545

事前に、松井副キャプテンから千島列島の島々のオリエンテーションがありました。

朝4時半ごろ見える予定の松輪(マツワ)島に始まり…

P1460548

ハルムコタン島・・・

P1460549

上から見ると湖の中に突き出ている山が2つもあるオンネコタン島・・・

P1460552

富士山のようなシリンキ島・・・

P1460557

パラムシル島のチクラ岳・・・

P1460559_2

アライド島などなど…

P1460561

でも当日の朝4時半ごろは、海の上は一面の霧、4時半にデッキに出ても、何も見えなかった!bearing

(実は、4時15分ごろに霧が晴れていて、マツワ島を見るころができたのですって。しまった、15分遅かった!!!)coldsweats02

それからは次々と島々が現れ、写真におさめましたが、今見ると、何島なのか、何山なのか???全然わかりません。

まあ、きれいそうなのを載せてみました。coldsweats01

P1460657P1460669

これは、セグロカモメ、すごいシャッターチャンスでしょう!good

P1460681P1460693P1460719

途中、トドのコロニーの近くを通ってくれました。

遠く離れていても、トドの唸るような鳴き声が聞こえていましたよ。ear

P1460757

海の中にもトド!

P1460771

この山はきっと千倉富士でしょうか!

本当に富士山とそっくりでしょう。fuji

P1460784

この日は、海の上は風が冷たく、また気温も低く、8階デッキに出ると凍えそうでした。

まさか、こんなに寒いとは!snow

ダウンジャケット、ニット帽、手袋を持っていけばよかった!bearing

上の写真、あまりの寒さに、下はズボンを2枚重ねて履き、上は持っていた上着やコートを3枚重ねて着ているのですよ。wobbly

下の写真は夜の8時半ごろですが、こんなに明るいのです。sun

P1460812

遠くに点のような白い月が見えていますが、この日は夜の10時半ごろまで外は明るかったのです、「白夜」でした。sun

白夜って、知識としては知っていましたが、経験したのは初めて、外が明るいと全然眠くなりませんでした。wink

島のふもとを雲が覆っていて、幻想的でした。confident

P1460810

夜の10時半ごろ、ようやく太陽が沈んでいきました。sundownwardright

P1460821

緑の山々と残雪、そして霧と雲、すみきった空気と刺すような冷たい冷気と、大自然ってこんなにも荘厳で、深淵のものなのですね。sign03

由良船長が、一番お勧めのクルーズだといわれていたのがわかったような気がしました。confident

明日はいよいよ、このクルーズ最大のハイライト、カムチャッカ半島のフィヨルドです。shine

この3日間は、1日1時間ずつ、1日の時間が短くなりました。clock

時差調整です。

23時間で1日の生活ですが、大自然に興奮して、眠たさは全然感じませんでした。lovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年7月19日 (土)

ロシア探求の旅② サハリン(樺太)編

7月5日、小樽港でパシフィックビーナス号に乗船、翌6日には、サハリンのコルサコフ港に入港しました。ship

サハリンは、日本が1905年日露戦争に勝利した際、北緯50度以南が日本の植民地となり「樺太」と呼ばれところですが、1951年のサンフランシスコ条約で、樺太領有権を放棄、現在は、ロシアの支配下になっています。

古くからアイヌの人たちや松前藩を中心に交易がおこなわれ、日本とゆかりが深く、北海道宗谷岬からわずか43㎞しか離れていません。confident

戦後の歴史って、学校でもあまり詳しく教わらないので、初めて知ったことがいっぱいありましたよ。coldsweats01

こんな所で、先人たちが活躍していたなんて知らなかった!!!think

コルサコフは日本時代は「太泊(おおどまり)」と呼ばれており、今はサハリン州第3の都市です。

この日はサハリン州の州都「ユジノサハリンスク(日本時代は豊原)」の1日観光に参加しました。bus

P1460487_2P1460488

1日お世話になった、バスの運転手さん。

コルサコフ展望所からは、停泊しているパシフィック・ビーナス号が見えます。ship

P1460356

近くに、「セブンイレブン」を発見、こうなるとロシアのセブンイレブンを覗いてみなくっちゃ!!!dash

P1460358
P1460359

時間がなく、急いでインスタントラーメンを2つ買って、バスに飛び乗りました。noodle

(ちなみに、私は外国に行くと、その国のインスタントラーメンを買ってくるの。買ってきて、食べ比べるの楽しいよ。でも、結局、日本のお味が一番美味しいのだけれどね。)coldsweats01

お店の可愛い女性の写真を撮る間もなかった!bearing

ロシア正教会、屋根の上のまん丸いお帽子が特徴的。lovely

P1460416P1460422

教会の中の売店の女の子をパチリ!camera

とっても可愛いでしょう!lovely

彼女が右手に持っているのは、記念に買った教会のローソクです。flair

レーニン広場には、レーニンの像が。eye

ソビエト連邦崩壊後は、多くの都市のレーニン像が破壊されたそうですが、ユジノサハリンスク市では、以前のまま立っているそうです。sign03

こんなことを知るのも、現地に来てみないとわからないものですね。wink

P1460451

昼食restaurantは、「MEGA PALACE HOTEL」で・・・

ロシア料理はあまり期待していませんでしたが…

P1460458

ホテルhotel内では、お船サイドが手配したお土産物屋さんが待っていました。

日本語で対応してくれましたよ。good

P1460461P1460463_2

ロシアと言えば、「マトリョーシカ」でしょう、やっぱり記念に買っちゃいました。moneybag

大きいのは高いので・・小さいのをね。wink

さて、期待しなかったロシア料理のランチですが…

最初に出たのが、野菜のサラダ!eye

うん、美味しい!!!smile

下の写真、向こうに見えるパン、実は、ピロシキなんですよ、てっきり、コッペパンだと思って食べたら、中に具が入っていてびっくり!bread

P1460465

日本で食べるピロシキは油で揚げていますが、本場ロシアでは、外はコッペパンみたいで、油で揚げていない。

大発見!!!happy02

次は、ロシア料理の定番、「ボルシチ」、あれ、美味しい!delicious

白いのは、サワークリームですって!!!

P1460467

トラッキーちゃんも、ピロシキをお相伴して…

P1460468

ビーフストロガノウもいただいちゃいました。delicious

P1460470

これもお肉は、日本のように薄くなく、塊肉でしたが、柔らかくてとっても美味しかったです。smile

私のロシア料理の認識が変わった!lovely

ランチの後、もう一つのロシア正教会を写真に写して…camera

P1460481

旧北海道拓殖銀行豊原支店(現サハリン州立美術館)へ。bus

サハリンの自然、歴史、先住民に関する資料などが展示されていました。

P1460491

最後は、町で大きなショッピングセンターへ。


P1460515
P1460507

船に帰ってきて、買い物したのをパチリ。camera

P1460519

右上の赤ちゃんの顔のは、ロシアのチョコレート、赤ちゃんの顔で有名なのですって。

下の真ん中のだるまのようなものが、マトリョーシカです、小さいでしょう。

でもね、ちゃんと、2つ、入っていました。good

P1470509

17時、コルサコフ港を出港し、船は一路、千島列島へ。ship

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年7月18日 (金)

ロシア探求の旅① 小樽前夜編

正式クルーズ名は「びいなす見聞録 千島列島と 神秘のフィヨルド・ロシア探求の旅」です。

長いので、これからは、「ロシア探求の旅」と呼びますね。coldsweats01

本来の出発港は敦賀で、そのあと新潟・小樽と寄港して、ロシアはサハリン・カムチャッカ半島へ行く航路ですが、私は小樽から乗船しました。ship

札幌は、私が8年前と6年前に人工股関節手術をした地なので行くのも慣れているし、小樽の観光も懐かしくって。airplane

7月4日に関空から新千歳空港へ、そのあとJRで小樽駅へ。airplanesign04train

P1460174P1460187

その日はパシフィック・ビーナス号のグループホテル、小樽の「オーセントホテル」に前泊、到着した午後と翌日の午前中、小樽の街を散策、ショッピングを楽しんじゃいました。lovely

名物小樽寿司は、相変わらず美味しい。smile

P1460195P1460210

「中善」のご主人。お任せの15貫、ご馳走様でした。

商店街では、「潮太鼓」が威勢よく。note

P1460212

名物の「なるとのかしわ」、鳥の丸上げですよ。eyeeye

P1460217

たこ焼きの親玉のような「ばくだん焼」eye

P1460215

これも有名な「小樽ワイン」のナイアガラ。wine

P1460234

いただかなくっても、見るだけでも楽しい!!!eyehappy01

P1460291P1460292

金融資料館で、一億円の札束の重さを実体験!

P1460308

テレビドラマで身代金に何億円と要求したりしているが、これって持って逃げるのは大変だと思うよ!coldsweats02

北海道は、今、サクランボの季節。cherry

道端で売っていたさくらんぼ1パック500円、ものすごく甘いので思わず買っちゃい、お船に持っていきました。ship

P1460315_2

道端のラベンダー、きれいですね。eye

P1460270

さあ、いよいよ明日は、小樽港で、パシヒック・ビーナス号と再会です。lovely

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年7月17日 (木)

ただいま!

夕べ遅く、「ロシア探求の旅」クルーズから帰宅しました。house

今回のクルーズshipは、小樽出港、横浜入港のクルーズでした。

暑い日本を出国し、ロシアはサハリン・千島列島・カムチャッカ半島と涼しい処を廻ったクルーズでしたので、帰ってきた日本の暑いこと、暑いこと。coldsweats02sun

もう一度、カムチャッカの初夏へ帰りたいよ~ship

少しでも目から、涼しさをお届けしますね。fuji

カムチャッカ半島のアバチャ山の残雪ですよ。

富士山のような山がいっぱいありました。fuji

P1470157

詳しい報告はこれから少しずつアップしていきますね。pcup

それにしても、今日は暑い!!!coldsweats02sweat01

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2014年7月 3日 (木)

姪っ子とのデート

昨日姪っ子から、急なデートのお誘い。happy01

美味しいフランス料理店restaurantがあるのでとのこと。

ランチにしては、少しお値段はお高めでしたが、値段通りのお味で、二人とも大満足でした。lovelydelicioussmile

P1460162

P1460163

P1460164

P1460165

P1460166

P1460167

今日は朝から、こちらは久しぶりの雨です。rain

ようやく梅雨らしくなってきました!confident

明日のお天気は??? 大丈夫かな?

関空ー新千歳間の飛行機、飛びますように!airplane

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年7月 2日 (水)

ロシア探求の旅に出かけます!

4日(土)~16日(水)、パシフィック・ビーナス号で、「びいなす見聞録 千島列島と神秘のフィヨルド・ロシア探求の旅」のクルーズに参加してきます。ship

サハリンのコルサコフ港とペトロパブロフスク・カムチャッキー港に寄港するそうですが、さて、いったいどんなところなのでしょうね。think

このクルーズは、由良キャプテン一押しのコースだそうで、カムチャッカ半島は初夏、高山植物が見ごろだそうです。lovely

トレッキングのツアーに申し込んでいるのですが、さ~て、どうなることやら、頑張って歩いてきます。denim

そんなわけで、ブログ、しばらくお休みです。pcsleepy

    ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

今朝は4時半に目覚め、久しぶりに、こんな朝日をとりました。sun

P1460152

明日からお天気崩れるとのことですが、今年は雨が少ないですね。rain

昨日・今日と、珍しく阪神タイガース勝ちました!baseballgood

ようやく借金が0になりました。

私の留守中、せめて3位になっていてね、タイガース!happy02

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年7月 1日 (火)

こんなのができました!

福袋の毛糸で編み始めたリバーシブルのニット帽。drama

毛糸の色が足りず、どんな配色がいいかと悩んでいたのが…think

P1460017

こうなりました。good

P1460138

P1460139

ただ、トップの部分が、どうもおかしいのですが…coldsweats01

薄緑色だと、滑らかなのにねえ???

P1460137

でも、どれも、かぶった感じは、ベリーグッドです。(自画自賛)lovelygood

次は、紫色で、こんな風に編み始めました。

P1460149

さあて、何ができるかな?wink

今日の阪神タイガース、1回に7点入れました。baseball

こんな場面を、このあいだの甲子園で見てみたかったな~happy02

P1460143

ピッチャー藤浪投手、頑張れ!!!punch

P1460147

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »