« ロシア探求の旅① 小樽前夜編 | トップページ | ロシア探求の旅③ 千島列島航行編 »

2014年7月19日 (土)

ロシア探求の旅② サハリン(樺太)編

7月5日、小樽港でパシフィックビーナス号に乗船、翌6日には、サハリンのコルサコフ港に入港しました。ship

サハリンは、日本が1905年日露戦争に勝利した際、北緯50度以南が日本の植民地となり「樺太」と呼ばれところですが、1951年のサンフランシスコ条約で、樺太領有権を放棄、現在は、ロシアの支配下になっています。

古くからアイヌの人たちや松前藩を中心に交易がおこなわれ、日本とゆかりが深く、北海道宗谷岬からわずか43㎞しか離れていません。confident

戦後の歴史って、学校でもあまり詳しく教わらないので、初めて知ったことがいっぱいありましたよ。coldsweats01

こんな所で、先人たちが活躍していたなんて知らなかった!!!think

コルサコフは日本時代は「太泊(おおどまり)」と呼ばれており、今はサハリン州第3の都市です。

この日はサハリン州の州都「ユジノサハリンスク(日本時代は豊原)」の1日観光に参加しました。bus

P1460487_2P1460488

1日お世話になった、バスの運転手さん。

コルサコフ展望所からは、停泊しているパシフィック・ビーナス号が見えます。ship

P1460356

近くに、「セブンイレブン」を発見、こうなるとロシアのセブンイレブンを覗いてみなくっちゃ!!!dash

P1460358
P1460359

時間がなく、急いでインスタントラーメンを2つ買って、バスに飛び乗りました。noodle

(ちなみに、私は外国に行くと、その国のインスタントラーメンを買ってくるの。買ってきて、食べ比べるの楽しいよ。でも、結局、日本のお味が一番美味しいのだけれどね。)coldsweats01

お店の可愛い女性の写真を撮る間もなかった!bearing

ロシア正教会、屋根の上のまん丸いお帽子が特徴的。lovely

P1460416P1460422

教会の中の売店の女の子をパチリ!camera

とっても可愛いでしょう!lovely

彼女が右手に持っているのは、記念に買った教会のローソクです。flair

レーニン広場には、レーニンの像が。eye

ソビエト連邦崩壊後は、多くの都市のレーニン像が破壊されたそうですが、ユジノサハリンスク市では、以前のまま立っているそうです。sign03

こんなことを知るのも、現地に来てみないとわからないものですね。wink

P1460451

昼食restaurantは、「MEGA PALACE HOTEL」で・・・

ロシア料理はあまり期待していませんでしたが…

P1460458

ホテルhotel内では、お船サイドが手配したお土産物屋さんが待っていました。

日本語で対応してくれましたよ。good

P1460461P1460463_2

ロシアと言えば、「マトリョーシカ」でしょう、やっぱり記念に買っちゃいました。moneybag

大きいのは高いので・・小さいのをね。wink

さて、期待しなかったロシア料理のランチですが…

最初に出たのが、野菜のサラダ!eye

うん、美味しい!!!smile

下の写真、向こうに見えるパン、実は、ピロシキなんですよ、てっきり、コッペパンだと思って食べたら、中に具が入っていてびっくり!bread

P1460465

日本で食べるピロシキは油で揚げていますが、本場ロシアでは、外はコッペパンみたいで、油で揚げていない。

大発見!!!happy02

次は、ロシア料理の定番、「ボルシチ」、あれ、美味しい!delicious

白いのは、サワークリームですって!!!

P1460467

トラッキーちゃんも、ピロシキをお相伴して…

P1460468

ビーフストロガノウもいただいちゃいました。delicious

P1460470

これもお肉は、日本のように薄くなく、塊肉でしたが、柔らかくてとっても美味しかったです。smile

私のロシア料理の認識が変わった!lovely

ランチの後、もう一つのロシア正教会を写真に写して…camera

P1460481

旧北海道拓殖銀行豊原支店(現サハリン州立美術館)へ。bus

サハリンの自然、歴史、先住民に関する資料などが展示されていました。

P1460491

最後は、町で大きなショッピングセンターへ。


P1460515
P1460507

船に帰ってきて、買い物したのをパチリ。camera

P1460519

右上の赤ちゃんの顔のは、ロシアのチョコレート、赤ちゃんの顔で有名なのですって。

下の真ん中のだるまのようなものが、マトリョーシカです、小さいでしょう。

でもね、ちゃんと、2つ、入っていました。good

P1470509

17時、コルサコフ港を出港し、船は一路、千島列島へ。ship

|
|

« ロシア探求の旅① 小樽前夜編 | トップページ | ロシア探求の旅③ 千島列島航行編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

我が家の麻奈が、どこか遠くの国に行ってみたいわ
なんてよく言っています。日本も満足に行った事ないのにねcoldsweats01ばあたんは、言葉が通じるところでないとって言い返していますが。
サハリンってやっぱり戦争のイメージがあります。
ウフフ、戦争の経験はないですが。これからも
こんな経験はごめんです。
トラッキーちゃん、一人がママを一人じめですか
いいなぁ。相手をして貰えない我が家の子が言っています。

投稿: ねねばあちゃん | 2014年7月20日 (日) 00時53分

ねねばあちゃん、毎日暑いですね。sun
お変わりありませんか?
日本のこの暑さ、サハリンの涼しさが懐かしくなります。confident

そうですよね、サハリンと言えば戦争のイメージ、ぬぐえません。think
私も戦後生まれですが、戦争のことはあまり教わっていません。school
今回、サハリンを訪問して、その一端をこの目でこの耳でしっかり体験してきました。
見聞きするだけと、実際その地に行って体験するのとでは、本当に大きな違いがあります。coldsweats02
過去の歴史から学ばなければいけないこと、つらい歴史でも目をふさいでいてはいけないことがたくさんあります。think
そのためにも、国際情勢の中の日本の位置をしっかり把握しておかないと、大変なことになりますよね。shock

今回、トラッキーちゃん、軽くていい旅のお供でした。good

投稿: おたま | 2014年7月20日 (日) 10時17分

virgocherryblossomrunrunsign05doorsweat01uprunたっだいま~bookpencilscissors本日無事終了しました。マトリョーシカ これだけ 並ぶと凄いね。 あけても あけてもまだ まだでてきますhappy01ロシア料理 トラッキーちゃんだと 小さい テーブルにのっていても かわいいね。confidentおたまさん 余裕があるお写真だね。今回は さすがに なんども 旅をしているから おてのもの? なのかな。 旅行ガイドでは 味わえない ショッピング(スーパーとか) こんな地元密着な旅してみたいな。cameraconfidentお土産も こんな感じに買えるようになれたら 楽しいだろうな。休憩のとき楽しみながら ながめてます。pcsign04eyebookpencil

投稿: さくら&てまり@ハートのおうち^v^pp | 2014年7月21日 (月) 19時35分

さくらちゃん、試験無事終了、お疲れ様でした。happy01
祝日まで試験があるんだね、大学も大変だ!!!coldsweats01

うんそうなんだよね、トラッキーちゃんだと小さいのでいろいろ演出できていいよ。good
最近の旅では、地元のスーパーやコンビニ、外せなくなりました。happy02
お土産物屋さんのショッピングなんてつまらないって感じです。
こまごました小物を発見するのってとっても楽しいよ。sign03

投稿: おたま | 2014年7月21日 (月) 19時58分

virgocherryblossomcoldsweats01おたまさ~ん 試験 まだ まだ おわってないんだようdown 来週の火曜日まで びっしりあるの。もう へろ~んって なりそうだけど 気分転換にup海外旅行へ行っている気分になれて たのしんでます。 夕飯食べてきますdeliciousまったね。あとでまたくるね。doorsign05doorsweat01happy01

投稿: さくら&てまり@ハートのおうち^v^pp | 2014年7月22日 (火) 18時26分

memoschoolさくらちゃん、まだまだ試験中なんだね。pencil
それなのに、マイブログへのコメント、どうも有り難う。lovely
それにしても、来週の火曜日までとは、なが~~いね。
ファイト!!!頑張れ!!!punch

マイブログが少しでも気分転換になれば、嬉しいな~happy01

投稿: おたま | 2014年7月23日 (水) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/60009424

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア探求の旅② サハリン(樺太)編:

« ロシア探求の旅① 小樽前夜編 | トップページ | ロシア探求の旅③ 千島列島航行編 »