« 雨さん、有難う! | トップページ | 編み物教室の福袋 »

今日は、阪神・淡路大震災から20年目

20年前の朝5時46分、突然のものすごい揺れで、ベッドから飛び出しました。annoy

立っていられないような揺れ!bomb

「これ、何??? 地震???」

どんどんど~~~んと言うものすごい音、上下に揺れる部屋。bearing

「大変大変、マンションの真ん中の階の5・6階の人、押しつぶされちゃうよ~~」って、なんだか思っていました。

「そうだ、玄関doorを開けておかないと、扉が開かなくなると逃げられない。」と気付き、玄関に行こうとしたのですが、あまりの揺れで歩けない。bearing

思わず近くの柱にしがみついていて、そのあとは頭が空白。shock

後で、揺れは40秒ぐらい続いたといわれていましたが(?)、この間の記憶はありません。wobbly

ようやく揺れが収まった頃、慌てて玄関のドアdoorを開けて外を見たのですが、マンションのどの部屋も、誰も外に出ていない。sweat01

ドアも開いてこない。

一体みんなどうしているのかしら?って、不思議に思ったものでした。think

あれから20年がたつのですね。sign03

あの日1日、職場でテレビの映像を見ていて、神戸の被害の甚大さに、声もありませんでした。wobbly

朝からラジオslateを聞いていると、「20年たったので、建物や街の復興はそれなりに進んでいる。」とは言っていました。

しかし、被害にあわれた方が、「自分がすんでいた町が無くなり、町から人が消え、仕事がなくなり、借金を抱えてしまい、人の生活の復興、心の復興はできていない。」と言われていました。think

ある人は、「地震で何もかも無くし、ゼロになったのではなく、思い出や人とのつながりなどが無くなり、マイナスになったんだよ。」とも言われていました。shock

復興とは、建物や街並みが再建されることだけではないのですね。think

生活しているのは人、その人の思い出や人とのつながりまでは再建されないのですね。

20年たったということは、その時40歳だった人は60歳の還暦、仕事をリタイアする年。

「でも、残されたのは借金、どうしてこれから生活していこう?」と言われていた人。

その時60歳だった人は80歳。

親しい人たちが亡くなって一人ぼっち、孤独のなかでの生活。

人とのつながりの復興はできないのです。

人は一人で生きているのではないのです。think

年を取ってから新しい人間関係を気づいていくということは、とてもエネルギーがいることです!sweat01

せめて阪神大震災でわかった事例が、少しでも東日本大震災に生かされますように。think

阪神・淡路大震災の年に生まれた赤ん坊が、今年20歳の成人になりました。

震災を知らない世代がこれからどんどん増え、震災を体験した人たちはどんどん減っていく。

震災をどう伝えていくか、また、受け継いでいくか、これもまた大きな課題です。sign01

朝、ラジオslateから「黙とう」という言葉が聞こえてきた時、なくなった方たちの冥福を祈っていました。think

東南海地震がいつ起こってもおかしくない今、私たちは今、何をしなければならないのでしょうか?

そんなことを考える1日になりました。think

|
|

« 雨さん、有難う! | トップページ | 編み物教室の福袋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

virgocherryblossomconfidentslateさくら姉の生まれた年なんだな~ってあらためてconfidentお腹の中にいたということかな?無事20歳になりました。ちょうど。朝TVのニュースで特番をしてました。竹をつかって亡くなった方の・・) みんなでってでもちょうど20年経過したのでいい区切りだから来年はしない?しかし心のどこかで憶えてゐてほしい。との希望もあり続行?と悩んでいるとの報道がありました。震災でマイナスになったとのお言葉重いですよね。これからなにがあっても 一歩一歩大切に歩みつづけなければって思いました。ついつい楽しいことがつづくと忘れがちになってしまいますが 心のどこかに・・・confidentpunchとりあえず 目の前の物をがつんっとbookpencilがんばるね。

投稿: さくら&てまり@ハートのおうち^v^pp | 2015年1月17日 (土) 18時40分

さくら姉ちゃん、20年前の今日は、まだこの世に生を受けていなかったんだね。sign03
その子が20歳で成人。confident
早いというのか、もうそんなに時がたったというのか・・・think
さっそくのコメントに、さくらちゃんの心が伝わってきました。heart04
どうも有り難う!happy01
願わないことではありますが、ここ30年の間に、東海地震、南海地震が70%は起こるといわれています。bearing
さくら姉ちゃん達の年代の人が、阪神・淡路大震災や東日本大震災のことをしっかり受け止めて受けついで行ってくれると、とても心強いです。confident
でも今は目の前のことに全力を!punch
そして、いざという時の力をしっかり蓄えておいてくださいね。punch

投稿: おたま | 2015年1月17日 (土) 20時25分

おたまさんは 震災に遇われてたんですね!私はその日 朝なんだか胸騒ぎがして テレビをつけたら
真っ暗な灰色の煙に覆われた神戸の町が映っていて、この世の終わりのような気がしました。三陸はるか沖地震では うちの親の店のビルが半壊して 全く営業が出来なくなり、保証も出なくて 別の場所を借りて、一から出直しでした。そして東日本大震災では 東京で わが故郷東北が波にのまれて行く映像をワンセグで見ながら 何も出来ない自分、その悲しみは言い尽くせません。今だから言えますが、ショックで円形脱毛になり、パニック障害で安定剤を飲みました。今でも仮設住宅にすんでいる方が大勢います。その方達に穏やかな未来はあるのでしょうか…
思い起こすと、小学校の時、十勝沖地震で震災しました。日本全体 ひとつの家族と思う気持ちになって 助け合わなければいけないと思います。

投稿: ユメネル | 2015年1月20日 (火) 02時12分

ユメネルさん、20年前の阪神・淡路大震災の時、私の住んでいる泉佐野市は、淡路島が目の前、後で聞くと、震度は5以上だったとか。wobbly
あれでも怖かったのに、神戸の方たち、どれほどの恐怖だったのでしょう!bearing
建物が崩壊するエネルギーって、いったいどれほどのものなのでしょうか。impact
ユメネルさんは今までたくさんの震災を経験されているのですね。think
今でもご両親は東北の地でご苦労されておられるのですね。think
本当に、日本は一つの家族、そう考えて、今、「自分にできることを、できるときに、できるだけ」と心がけていきたいと思います。sign03
コメント有難うございました。confident

投稿: おたま | 2015年1月20日 (火) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/60987795

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は、阪神・淡路大震災から20年目:

« 雨さん、有難う! | トップページ | 編み物教室の福袋 »