« ついに、「変形性膝関節症」の病名がついちゃいました! | トップページ | ストレートネック、私の主な原因は? »

もう一つの病名は、「ストレートネック」です

変形性膝関節症の病名が付いたと同時に、こちらも以前から分かっていた首の痛み、「ストレートネック」、決定しました。hospital

レントゲンではそうだと言われていたのですが、改めてMRIを取ってくれました。

それが、こちらです。downwardleft

P1030275

首の骨は上から7つあります。upwardleft

本来の骨は、この7つの骨が、アルファベットのCのように丸みがあるそうですが、私の首、見事にまっすぐです!sweat01

(MRI撮影写真ですから、これで上向きに寝ているのですよ。)

Cのカーブがあると、首は重い頭を支えるのにその重みをうまく調節できるのですが、まっすぐだと、頭の重さが直接、首や肩やかかってくる。

首の痛みや肩こり出やすくなる。

よくわかります!confident

真ん中の管のところ、そのまた真ん中に黒い部分が、神経が通っているところです。

その神経を、周りの白い部分が覆って、守っているのですって。

ところが、私のは、上から2番~5番にかけて、その白い部分の前、細くなっているのわかりますか?

先生が、うまく例えを使って説明してくれました。good

「スーパーで売っている豆腐、パックに入り、周りに水があるでしょう。その水のあるおかげで、豆腐は、パックにぶつかりにくいんですよ。それと同じように、この白い部分は、神経(これが豆腐)を守る水と同じ。その部分が細くなっているということは、豆腐がぶつかって衝撃を受けているのと同じです。こんな説明で分かりますか?」

はい、よ~~く、わかりました。sign03

MRIですから、輪切りの写真も見ると・・・downwardleft

P1030276

はい、確かに、前の部分の白いところ、薄いですね。

これでは、神経、衝撃を強く感じますね。punch

神経は手や足まで続いているので、手や足にもしびれを感じるのですね。think

治療法は、変形性股関節のようにはなく、痛みを感じたところに「スミル」という薬を塗る、対処療法。downwardleft

最終は、手術になるそうです。bearing

生活の中で気を付けることはないかお聞きしたら、「こけたりして、首に強い衝撃を与えないことですね。」だそうです。

年を重ねて転んだりすると、足にも首にも致命的な結果を与えるのは同じですね。

P1030279

これからは、毎回の検診で、両手の握力を図っていくそうです。paper

握力も低下していくのですね。downwardright

私の場合、右24、左20でしたが、これって普通くらいなんですって!coldsweats01

それで、私的に考えて、握力が下がってこないように、今、家で、握力計(左)でニギニギしていますが・・・downwardleft

P1030280

右は、いわゆる、手のひらでコロコロ転がすクルミの代わり、手のひらでコロコロ転がすと、とんがりが手を刺激して気持ちがいいので、しびれ感が薄れるの。confident

それから、下の方法は、以前NHKの「ためしてガッテン」でやっていた「ストレートネック」の治療法。downwardleft

(このころは、私は違うよ!って思っていたの。)coldsweats02

【実習コーナー2】ストレートネック解消術

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20150909/index.html

こちらの最後のところにのっているタオルを使った方法を、試しています。

(といっても、すぐに忘れるのですが・・・簡単なことでも、続けるのがねえ・・・)

とまあ、現在2病と共生しながら、頑張って行かなければ~~~って、あまり切実感なく、過ごしています。

どちらかというと、今は、膝の方が気になり、つい左膝をかばうようになるので、かえって右ひざに負担をかけているような…coldsweats01

もし、こんな症状を体験されている方いらっしゃったら、参考になるようなこと、教えてくださると嬉しいです。mailtolovely

|
|

« ついに、「変形性膝関節症」の病名がついちゃいました! | トップページ | ストレートネック、私の主な原因は? »

健康」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^◇^)ブログみましたよ。
私も少し風邪気味で、お薬を飲みダラダラとしています・・
気温の変化が激しいので中々、身体がついて行かないみたいです。。おたまさんもお体、色々有りますが、お医者様と相談
しつつ、頑張ってくださいね。。

投稿: 島っち | 2017年3月13日 (月) 11時43分

聞いた事のない病名ですね。おたまさんはいろんなところに
お出かけしてるからお元気なんだと思っていました。
体は何処が悪くても嫌なものですよね。
私は自己責任ですから仕方ないですけど、夢の子が、暖かくなったたら、お花見に行きましょうねなんて言ってますが今は一人で歩くことも大変なのに・・・・。
そうそう足も悪いけど、腰痛がひどいんですよ。骨折でもしてるのか思って、レントゲンを撮ってもらったら大丈夫でした。
やっぱり、運動が一番ですね。私みたいに炬燵でゴロゴロはいけないんですよね。

投稿: ねねばあちゃん | 2017年3月13日 (月) 11時51分

島っちさん、この季節、暖かくなったかと思うとまた気温が下がったりで("^ω^)・・・
体調崩しますよね。
年を重ねるごとに、環境への順応力は低下して行っているのを実
感します。
お互い、まだ若いと思って、過信しすぎないようにいたしましょう。
油断大敵、風邪は万病の元ですから、24日までに、お互い体調整えておきましょう。
楽しみにしています!!!coldsweats01happy01upgoodlovelycaferestaurantsmilebread

投稿: おたま | 2017年3月13日 (月) 13時03分

ねねばあちゃん、「ストレートネック」は、現在病です、今大はやり!な~~てね。(苦笑)
首の骨は本来C形のカーブを描いて頭の重さを分散しているのですが、現在はパソコンやスマホを見たりすることが多いし、人間の行動は、ほとんどが前かがみの行動なので、そうなりやすいのだそうです。
その結果、肩こりや首のこりが出てきたりするそうです。
まあ、私の原因はほかにもあるのですが、それは次号でね。

はい、股関節の手術をしたので、おかげさまで股関節の痛みは取れて、私は元気ですよ。
でも、年を重ねるということは、今まで頑張ってくれていた体のどこかに疲労が出って来ても仕方がないのですよね。
ですから、それを早く見つけてやって、早く予防し、メンテナンスするのが、私たちの年頃では大事なことだと思うの。

実は、私も、腰の骨、4番と5番の軟骨部は狭いのです。
これは、股関節が悪い時に、股関節のかわりに、腰が頑張ってくれた証。
そして、その時にも、膝も頑張ってくれていたんですよね。
ですから、それが出てきても当たり前だと思っています。
体って、骨の骨格って一続きでできているのですから、一か所が悪いと、他の部分へも負担がかかり、そこが、悪いところの代わりに頑張ってくれていたのですから、ある意味、感謝です。

ねねばあちゃんも、腰の痛みは骨折だけではなく、腰の骨の隙間に異常がないか、気を付けてくださいね。
整形外科で、すぐにわかると思います。
骨折の心配をされたとき、レントゲンを撮ったのなら、異常があれば医師も言ってくれるとは思いますが・・・
時間がたっているのなら、再検査もありです。


いずれにしても、私たちの病気は、体重増加が一番負担になります。
簡単に運動と言っても、悪いところには負担をかけない運動をしないと、運動することがかえって悪化させることもありありますので要注意!
長年頑張ってくれている自分の体ですもの、お互いメンテナンスをしっかりして、痛みのない生活を送れるように頑張りましょう。

また、お会いして、ゆっくりお話しできたらいいですね。
いつでもお声をかけてください。
長文になってしまい、ごめんなさいね。happy01sign03lovelyvirgoheart04cafe

投稿: おたま | 2017年3月13日 (月) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/65006270

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの病名は、「ストレートネック」です:

« ついに、「変形性膝関節症」の病名がついちゃいました! | トップページ | ストレートネック、私の主な原因は? »