« クラブメッドカビラ石垣島⑥ 沖縄料理講習会編 | トップページ | クラブメッドカビラ石垣島⑧ パン作り編 »

2018年5月 7日 (月)

クラブメッドカビラ石垣島⑦ 自然観察講習会編

5月5日の子供の日、我が家の夢の子たち、柏餅をいただきました。lovely

2018

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

クラブメッドカビラ石垣島敷地内の「自然観察会」に参加しました。

講師は、ネイチャーガイドの谷崎先生。downwardleft

先生は、サンゴ礁の生き物の勉強がしたくて沖縄の大学で生物学を学ばれたそうです。updownpencilbud

P1080671

先生作成のガイドブックをいただきました。downwardleft

今読み直してみると、クラブメッドカビラのある地形や植生がよくわかりますが、そのときは先生のお話を聞きながら、メモしながら、写真を撮るので精いっぱい、今写真を見直しても、どれがなんという植物かあまりよく覚えていませんが、まあ、わかる範囲内で書いてきたいと思います。

P1090388P1090390

敷地内を一周、約2時間、途中先生の説明をお聞きしながらのゆっくりウォーキングでした。downwardleft

P1080663P1080679

「ハンギングヘルコニア」だったと思うの。downwardlefteye

P1080639

「月桃」の花、こんなサヤから誕生するんだね。downwardleft

P1080642

敷地内には蝶が飛び交っています、マダラチョウ。downwardleft

P1080660

上と下の岩石は違う、ここの成り立ちの証拠だとか、でも、なんだったかな~downwardleft

(たぶん、下が安山岩、上が石灰岩だったかな?)

P1080665

サンゴの礎が見えます。(シナキクメイシ)downwardleft

P1080667

みつが多いハナチョウジ、花をとってなめると甘かった。downwardleft

P1080686

ヤシの木は、下の葉から落として行って成長するそうです。downwardleft

P1080705Photo

葉の落ちた後が横の筋になっていきます。upwardleft

ディゴヒメコバチの幼虫が寄生しているはだそうです、丸い粒のようなものがそうです。downwardleft

P1080708

クラブメッドのある場所は、4000万年前の火山活動と数十万年前・12万年前・6000年前の海面変動でできた地形そうで、下の写真の島は、その4000万年前に火山活動をやめ、その後土砂が洗い流された後の「芯」にあたるものだそうです。よくわかるものですね。downwardleft

P1080714

敷地内の建物の土台になる崖、琉球石灰岩が使われています。downwardleft

P1080741

この崖に生えている植生も先生に言わせると残しておいてほしいものだそうですが、クラブメッドの管理では、取り除くのだと残念がっておられました。名前は???upwardleft

ソテツの花には、オスとメスがあるそうですが、どちらがそうだったのか???downwardleft

P1080747
P1080748

とても楽しく興味深い観察会でした。

終了後、先生がヤシの葉で作られた動物を参加者にくださいました。downwardleft

一つ作るのに30分かかるそうです。downwardleft

P1080743

次回も機会があれば、また参加したいですね。sign03

|
|

« クラブメッドカビラ石垣島⑥ 沖縄料理講習会編 | トップページ | クラブメッドカビラ石垣島⑧ パン作り編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/66693437

この記事へのトラックバック一覧です: クラブメッドカビラ石垣島⑦ 自然観察講習会編:

« クラブメッドカビラ石垣島⑥ 沖縄料理講習会編 | トップページ | クラブメッドカビラ石垣島⑧ パン作り編 »