« サスケさんとの旅 山中温泉① | トップページ | サスケさんとの旅 山中温泉③ »

2018年10月27日 (土)

サスケさんとの旅 山中温泉②

10月9日、加賀温泉駅から山中温泉『花・彩朝楽』へまずはチェックイン!carsign04hotel

山中温泉街の観光を開始。cardenimdownwardleft

「芭蕉の道」を通り、「黒谷橋へ」shoedownwardleft


P1110005

黒谷橋です。downwardleft

P1110007

「鶴仙渓」と言われる渓流がとってもきれい!紅葉の季節はいいでしょうね。downwardleft

P1110008

「あやとり橋」草月流家元・勅使河原宏氏が「鶴仙渓を活ける」というコンセプトのもとでデザインしたS寺に曲がったユニークな橋。downwardleft

P1110011P1110020

清流のそばに、川床が見えます。downwardleft

P1110013

山中温泉の総湯、右が男湯、右奥が女湯。downwardleft

P1110025

女湯の「菊の湯」です。downwardleft

P1110031

無料の足湯もありましたよ。downwardleft

P1110037

タイガ君、温泉に入ったつもりです。downwardleft

P1110038

右が、「山中座」。(山中座の名誉座長は、森光子さんだそうです。)downwardleft

P1110032

温泉卵が有名だそうで、「山中座」の売店の女性に抱っこされたタイガ君。

おしゃべりすると大人気です。downwardleft

P1110040_2P1110125

「山中座」の天井は、豪華な「山中塗」。downwardleft

P1110039

温泉街の目抜き通りの『ゆげ街道』downwardleft

P1110059P1110057

花水木の実が、とっても可愛い!upwardleft

山中温泉の汚水蓋は・・・2羽のサギが描かれていました。downwardleft

(よくわからないですが、どうも温泉を発見したのが2羽のサギだそうな?)

P1110003

あれまあ、こんなことろに「山中・片岡鶴太郎工芸館」が!お産物屋さんでした。downwardleft

P1110060

「長谷部神社」にお参りしました。downwardleft

P1110044
P1110052
P1110054P1110053

参拝の作法には、こんな意味があったのですね。知らなかった!upwardleft

「燈明寺」にもお参りして、午後半日の観光を終え、ホテルに帰りました。

P1110061

さあ、温泉spaに入って、美味しい夕食ですよ! beerrestaurantcafe  続く…

|
|

« サスケさんとの旅 山中温泉① | トップページ | サスケさんとの旅 山中温泉③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526704/67317056

この記事へのトラックバック一覧です: サスケさんとの旅 山中温泉②:

« サスケさんとの旅 山中温泉① | トップページ | サスケさんとの旅 山中温泉③ »